お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

「部屋が片付いてなさそう」だと思われがちな女子・6パターン

ファナティック

ccc9v9a9863_tp_v片付けても片付けても散らかっていく汚部屋。こうなると片付けようという気力もわいてこなさそう。掃除好きな人がいる反面、どうしても片づけが苦手という人がいるのも事実。今回は、日頃の言動から「汚部屋の住人かも?」と思わせる女性の特徴について、男性の意見を聞いてみました。

■バッグの中が整理できていない

・「バッグの中がグチャグチャな女性」(35歳/医療・福祉/専門職)

・「バックの中がゴチャゴチャな女性は、部屋も汚いと思ってしまう」(34歳/情報・IT/技術職)

何か一つ取り出そうと思ったら、バッグの中身を全部出さないと見つからない……。何に使うのか分からないものまで持ち歩いている。いつも手元にあるバッグの整理ができていないと部屋も同じだろうと思う男性は多そうです。

■言葉遣いが悪い

・「発言が雑な方は、どうしてもそのような雰囲気に捉えてしまいがちに思います」(28歳/その他/その他)

・「言葉遣いが荒い子」(36歳/不動産/営業職)

乱暴な言葉遣いをする人は、すべての面においてガサツな雰囲気があるせいか部屋も片付いていなさそう。チャキチャキとした元気のよさではなく、単に品のない感じの女性は汚部屋でも平気で暮らしていそうですね。

■オフィスの机が汚い

・「オフィスで机の中にものを詰め込んでいる」(38歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「職場のデスクが汚い人」(39歳/金融・証券/営業職)

自分だけが使うスペースとはいえオフィスの机は公共の場と同じ。人に見られることが分かっていても、仕事に支障が出たとしても片付けないのは、きっと片付けられない人なのでしょうね。

■清潔感がない

・「見た目や服装に清潔さがない」(26歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「髪の毛にフケが溜まっていると部屋も汚いんだろうなと感じる」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

その女性自身が身だしなみに気を使わないというのも、部屋が汚いだろうと思われるポイントのようです。こういう女性は、汚いことに対する許容範囲が人よりも広すぎるのかもしれませんね。

■食事の仕方に品がない

・「食べ方が汚い人。皿を持って口を付けて食べるとか、食べ方に品が感じられない人は、部屋も汚いんだろうと思う」(39歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「箸の持ち方が雑。食い方が汚い女性」(26歳/その他/事務系専門職)

食事をしていて周囲の人を不快にさせるほどの品のなさを感じさせる女性も、部屋が散らかったまま放置しているイメージ。掃除も含めて、子どものころにきちんとした躾をされていないのかもしれませんね。

■外見が派手

・「ギャル系の人やアクセサリーをたくさんつけてる人。面倒くさいが口癖の人」(36歳/その他/その他)

・「派手目のファッションの人。化粧がギャルメイクの人」(24歳/その他/営業職)

自分自身のメイクやオシャレにはやり過ぎなくらい手間をかけるけれど、実はそれ以外のことをめんどくさがりそう。派手な外見の女性は、その部分だけに気を使っていて、ほかには手がまわらないのかもしれませんね。

■まとめ

実際に汚部屋に住んでいるかどうかは別としても、汚部屋の住人だと思われることは女性としても社会人としてもマイナスであることは間違いなさそうですよね。言動にだらしなさを感じることで、部屋も汚いはず……と決めつけられてしまうのは、もったいないこと。客観的に自分の言動を振り返ってみて、心当たりがあるな、という方は身だしなみや所作を意識して改善すると、男性からの印象もグッとよくなるのではないでしょうか。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年1月にWebアンケート。有効回答数390件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]