お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「高年収な男性の妻」がしてそうなこと・6つ

ファナティック

旦那さんが高収入で余裕のある生活を送っている女性をうらやましいと思ったことはありませんか? いつ見ても素敵なセレブ妻にはどのような特徴があるのでしょうか。働く女性に考えてもらいました。

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-fcfg100153346

(1)家事をしっかりこなす

・「家の掃除。誰でもすぐに迎え入れられるように」(35歳/情報・IT/専門職)

・「完璧な家事と育児。料理のレパートリーや品数も豊富な食卓を毎日作ること。しっかりとした役割分担とその役割を果たすことに努力を惜しまない」(30歳/その他/その他)

旦那さんが外でがんばって働いているとき、その妻は家事をこなすことに精を出しています。いつも清潔な部屋でおいしい料理を食べることができる旦那さんは幸せですね。

(2)旦那のサポート

・「朝は準備など行動を先回りするようにし、夜は疲れが取れるように静かに過ごす。決して喧嘩を売るようなことはしない」(35歳/その他/その他)

・「いってらっしゃいからおかえりまで笑顔でお見送りをしてるイメージ。旦那さんも今日も1日頑張ろう!と思うかも」(22歳/小売店/販売職・サービス系)

金銭的な余裕は心にも余裕をもたらします。旦那さんの生活リズムに合わせて、しっかりとサポートすることで、夫婦仲も安泰ですね。

(3)身だしなみを整える

・「朝起きたらすぐ化粧、きっちりした格好」(39歳/ソフトウェア/秘書・アシスタント職)

・「洋服や靴などの身に着けるものの手入れ」(38歳/不動産/販売職・サービス系)

一日の始まりは身だしなみを整えることから。すっぴんのまま、ぼさぼさの髪で朝ご飯を食べることはせず、絵になるような朝を過ごしているイメージがありますよね。

(4)自分磨きに精を出す

・「女性をみがいている。女性らしいカルチャーを習っていそう」(38歳/その他/その他)

・「エステや美容院に定期的に通い、見た目の美しさに気を配っている。実際に知り合いがそうなので」(38歳/小売店/販売職・サービス系)

彼女たちは習い事やエステなど、自分を磨くことにも余念がありません。それなりにお金もかかるので、金銭的に余裕があるからこそできることだと言えるでしょう。

(5)多少の出費を気にしない

・「牛肉や刺身をそれなりの頻度で買う。こちらは低年収なので、メインは鶏や豚になることが多い」(30歳/その他/その他)

・「記念日だけでなく、何でもない日にちょっとしたプレゼントを贈っていそう。財力だけでなく、心にも余裕があるんだと感じる」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

極力節約! というよりも「これで料理を作ったらおいしいだろうな」とか「これをあげたら喜ぶだろうな」ということに価値を見いだすのがセレブ妻。相手の喜ぶ顔を見るためなら、多少の出費は惜しみません。

(6)自分も稼ぐ

・「貯金と株でへそくり。高年収の男性が生活費を多くくれるとは限らないので、自分で増やしてそう」(38歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「高年収の旦那さんと同じくらいの会社で働いていること。やはり妻も収入がないと高年収の人と出会えないし、価値観も合わないと思います」(31歳/その他/その他)

旦那さんが高収入だからといってそれだけで満足しないところはやはり「できる妻」。ダブルの収入でさらに余裕のある生活ができるでしょう。

まとめ

セレブ妻はいつもきれいな格好で、せかせかせずに余裕のある振る舞いをしているイメージが強いかもしれませんが、高収入な旦那さんだからこそ献身的なサポートが必要であることも事実です。奥さんがしっかりしているからこそ、旦那さんも仕事にまい進できて、さらなる収入アップにつながるのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年1月にWebアンケート。有効回答数201件(22歳~39歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE