お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

呪ってやる! 女子が彼氏の元カノに「嫉妬する瞬間」6つ

ファナティック

女性経験のある男性と付き合うにあたって避けては通れない元カノの問題。あまりに頻繁に元カノの影を感じると、心穏やかではいられなくなってしまいますよね。そんな彼の元カノに嫉妬する瞬間を、働く女性に教えてもらいました。

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-takebe160224540i9a0512

(1)連絡を取り合っているとき

・「今でも連絡を取っていること。もう何もないとは言え、あまりいい気持ちはしない」(24歳/その他/販売職・サービス系)

・「今でも連絡を取り合っている、仲良くしている」(25歳/医療・福祉/事務系専門職)

これは今カノにとってはもっともやってほしくないことではないでしょうか。今でも元カノとの接触があると思うと、どうしても彼を疑わざるをえなくなってしまいますね。

(2)元カノへの愛を感じたとき

・「『すごく好きだった』と言われたとき」(31歳/医薬品・化粧品/営業職)

こればかりは彼に言ってほしくないという女性も多いのでは? どんなに愛した相手であっても、今カノへのデリカシーを忘れてほしくはないですね。

(3)自分よりも幸せそう

・「自分がこのようにされて嬉しかったとか今よりも幸せだという話をされたとき」(35歳/その他/その他)

・「偶然ばったり出くわしたときに、自分といたときより幸せそうにしていたら」(31歳/その他/その他)

普段は仏頂面でつれない態度なのに、元カノ関連の話になるとやたら幸せそうな態度を取られると、今カノとしての自分の立場がありませんよね。元カノといたときの方が幸せだったということでしょうか。

(4)デート先が二番煎じ

・「私と行っていない場所に行ったりしていると、ずるいなと感じてしまう」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「昔の話をされたとき。出掛けたときにここ前に元カノと行ったとか聞くと嫌な気分になる」(32歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

彼との定番のデートスポットも、元カノと一緒に来ていたとわかった瞬間にがっかりしてしまいますよね。結局私は二番煎じ!?と悲しい気分になってしまいそうです。

(5)元カノとの過去話

・「元カノの目覚ましがこの曲だったと聞いたとき。一緒に寝ていたということを実感してとても嫌だった」(22歳/学校・教育関連/専門職)

・「いままでの習慣でやってた行動が出るとき」(39歳/小売店/販売職・サービス系)

元カノとの生活が長かったことを想像させるような生々しい話はやめてほしいですよね。親密だった元カノとの恋愛を考えると、いたたまれない気持ちになるでしょう。

(6)思い出の品が出てきたとき

・「家に写真が残っていたとき。写真を額に入れて飾ってたようで、棚を整理してたら見つけた。どうしようもなくそのままにしていて、知らないふりをしたまま」(34歳/学校・教育関連/専門職)

・「そんな経験ないですが、思い出のものや写真をたくさん見かけたら。1、2個だったら使えるものや思い出程度で済まされるけど、たくさんだとまだ未練があるのかと思うから」(32歳/その他/その他)

元カノとの思い出をなくしたくないという彼の未練が伝わってくるようです。部屋中に元カノの影が散らばっている様子を見て、気分がよくなる女性はいないでしょう。

まとめ

元カノへの嫉妬を完全に消すことは難しくても、嫉妬が行き過ぎて彼への信頼をなくすことは避けたいですよね。彼との関係を良好に保つためには、元カノの存在をあまり意識しないことも大切なのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年1月にWebアンケート。有効回答数201件(22歳~39歳の働く女性)

※この記事は2017年01月18日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE