お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

胸クソ悪いわぁ~……。おつぼねさまがよくする言動6つ!

ファナティック

%e3%81%8a%e3%81%a4%e3%81%bc%e3%81%ad%e3%81%95%e3%81%be%e3%81%8c%e3%82%88%e3%81%8f%e3%81%99%e3%82%8b%e8%a8%80%e5%8b%95あなたの職場には「おつぼねさま」といえるような存在の女性はいますか? おつぼねさまと聞くと、長年その職場で勤めている年配の女性というイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか? 今回は、そんなおつぼねさまとよばれるような人がよくする言動について、働く男性たちに聞いてみました。

(1)新人社員をいじめて辞めさせてしまう

・「新人の女の子をいじめて退職に追い込む」(28歳/警備・メンテナンス/販売職・サービス系)
・「新人をいじめて泣かせて辞めさせること」(38歳/電機/販売職・サービス系)

おつぼねさまは、何かと新入社員に厳しく当たるイメージがありますよね。ちょっとしたミスでもネチネチといつまでもつつき、他の社員に明るく接すれば嫌みを言うなど……もちろんこれはあくまでもイメージですが、あれこれといじめ抜いて結局辞めさせしまうということはよくあるようです。

(2)上から目線でものを言う

・「とにかく上から目線で面倒くさい」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「上から目線で自分が悪くても謝らない」(31歳/不動産/事務系専門職)

その職場で長く務めているおつぼねさまには、強い自信もあれば高いプライドだってあるでしょう。自分が一番この職場のことを理解しているという気持ちもあるため、他の人に対して上から目線でものを言う傾向にあるようです。

(3)人の陰口や悪口を言う

・「同僚の女性に向けた陰口をたたく」(35歳/食品・飲料/営業職)
・「同性の後輩に対して、高飛車な態度を取ったり陰口をたたいたりする」(35歳/食品・飲料/営業職)

おつぼねさまという言葉には、なんとなく陰険で陰湿なイメージがあるものです。陰でこそこそ他の人のことを悪く言ったり、上司に告げ口をするようなおつぼねさまも中にはいるのかもしれませんね。

(4)自慢話が多い

・「よく自分の自慢をするようになっている」(32歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)
・「『私がやりました』とよく自分の自慢ばかりする」(35歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

とにかく注目され尊敬されていたいおつぼねさまは、自分の自慢話ばかりする傾向にもあるようです。仕事の評価をあげたくて、時には大げさにアピールしたり、他の人の手柄を横取りしてしまうこともあるようです。

(5)結婚をする女性に対して手厳しい

・「結婚する人がいると、すぐに陰口をたたく」(34歳/電機/技術職)
・「結婚する人がいると、ほぼ毎回のように陰で愚痴を言っている」(34歳/電機/技術職)

おつぼねさま=独身とは限らないのですが、なんとなく独身の若くはない女性というイメージはありますよね。独身のおつぼねさまは、既婚女性に厳しい上に、これから結婚を控えている女性に対してもキツく当たる傾向があるようです。

(6)偉そうな態度を取ったりしがち

・「『あたし、おばさんだから。偉そうでごめんなさいね』」(36歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)
・「上役にも当たり前のように偉そうな態度を取る」(38歳/小売店/販売職・サービス系)

その職場に長くいるという気持ちが、おつぼねさまを「偉いもの」だと勘違いさせてしまうようです。あからさまに偉そうにするタイプの人もいれば、偉そうに注意をしてから自虐的に「偉そうで~」というタイプの人もいるようですね。

まとめ

アンケートの内容を見ていると、おつぼねさま的な存在がいないという職場も決して少なくはないようです。しかし、おつぼねさまがいるような職場では、いじめや陰口などを言う、イメージどおりの行動を取る女性も多くいるようですね。とはいえ、同じような立場の女性であっても、後輩思いで頼りがいのある人もたくさんいるということを忘れないでくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年1月にWebアンケート。有効回答数120件(22~38歳の働く男性)

※この記事は2017年01月17日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE