お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

マジ萌える! 女子の「真冬のノースリーブ」への本音6つ

フォルサ

寒い季節だというのに、ミニスカートを履いておしゃれしている女性っていますよね。それと同じように、真冬なのにノースリーブを着ている女性もちらほら。今回は、そんなおしゃれのためにノースリーブを着ている女性をどう思うか、社会人男女に本音を聞いてみました。

gf2160330731l

男性の意見

(1)セクシーに見える

・「グッと来て大好きです。コートの下がそれならギャップがあって良い」(37歳/警備・メンテナンス/販売職・サービス系)

・「セクシーで良いです。できれば青い色がいいですね」(29歳/その他/その他)

・「屋内で上着を脱いだ時のノースリーブは可愛くて良い」(39歳/自動車関連/技術職)

男性から多く挙がったのは、肌を露出してセクシーに見えるので良い、という意見でした。デートの途中で立ち寄ったレストランで、コートを脱いだら彼女がノースリーブだった。こんなシチュエーションに男性はドキドキするようです。

(2)気合が入っていると感じる

・「寒いのによくやるなぁと逆に感心する」(24歳/その他/その他)

・「気合いが入っていて、たまらないと思う」(39歳/その他/専門職)

・「寒い思いをしても男のため着てくれると好感が持てる」(32歳/その他/その他)

寒風吹きすさぶ中のノースリーブ、寒くないわけはありません。それなのに、あえておしゃれのためにノースリーブを着るという行為に感心したという声も多数。彼女が風邪をひかないか心配ですが、自分のためにおしゃれをしてくれたのかと思うと、愛しさもひとしおなのかもしれません。

(3)季節に合った服装でないのはイヤ

・「見ているこちらまで寒くなってしまいそうだからイヤ」(39歳/学校・教育関連/その他)

・「痛い。時期にあった服装してないと痛くみえる」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「寒い印象しかない、真冬の肌出しは不快」(33歳/運輸・倉庫/その他)

寒そうな服装をしている人を見ると、自分の方まで寒くなってしまいますよね。彼女は寒くないのか、他の人からどのように見られているのか心配になって、デートに集中できなさそう。中には、季節感のない服装を着ている人は常識を疑う、なんて厳しい意見もありました。

女性の意見

(4)冷えて体を壊さないか心配

・「寒そうじゃないの?若い人ならいいけど、年を取る真冬のノースリーブは勘弁」(36歳/医療・福祉/専門職)

・「肩を冷やすので、肩こりが酷そうだな感じます」(22歳/その他/販売職・サービス系)

・「体を冷やすと免疫力が下がるのにと心配になります」(39歳/その他/その他)

冷えは女性の大敵! そのため、冷えて体の具合が悪くならないか心配する声が多く寄せられました。今は若いから、と無理できても、それが後々、女性特有の身体の悩みにつながるのではと危惧する声も。

(5)女子力が高そうに見える

・「寒い。けど可愛く見えるので、真冬にノースリーブ着る子は女子力高いと思う」(29歳/その他/その他)

・「寒そうだなと思うけどオシャレな人なんだなとも思う」(24歳/その他/その他)

・「寒いのに、おしゃれのために体をはっている感じがして応援したくなる」(30歳/その他/販売職・サービス系)

男性の意見にもあった「おしゃれのために寒さを我慢しているなんてえらい」という意見は女性の方にもありました。冷えのつらさを知っている女性だからこそ、なおさら同性の「真冬にノースリーブ」という勇気ある行動に感心するのかも。

(6)男ウケやいい女アピールに見える

・「完全に男ウケだけを狙っているので、きらい」(22歳/学校・教育関連/その他)

・「もう、自己アピールしかない。いい女気取りかと思う。見ている方が寒い感じ。無理しているのが痛痛しい」(39歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「私は若いから寒くないです的なアピールに感じる」(30歳/小売店/その他)

重ね着をして肌を隠すことが多い季節に、あえて肌を露出するノースリーブを着る。そのため「男ウケを狙っている」と不快感をあらわにする女性も多くいました。男性の中には「セクシーに見える」という意見もあったので、「男ウケを狙ってる」と女性が感じるのも無理ないかもしれません。

まとめ

真冬のノースリーブ、男性からは「セクシーに見える」、女性からは「男ウケ!?」という意見が多く寄せられました。しかし、中には「二の腕に鳥肌が立っていた」というエピソードも。おしゃれとして着るなら、ガマンしているというのを悟られないような工夫も必要かもしれませんね。

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数414件(22歳~39歳の働く男女)

(フォルサ/松原圭子)

フォルサ

ライティング、編集、DTPまで手がける制作グループです。
“フォルサ”はポルトガル語です。「がんばれ!」と応援する言葉ですが、サポートするという意味もあります。女性の為になる情報を間口を広く扱っていきます。

この著者の記事一覧 

SHARE