お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

離婚を防ぐ! 結婚後に決めた「夫婦のルール」・6つ

ファナティック

愛し合って結婚した2人でも、今までまったく異なる環境、文化の中で生活してきたのですから、新しい生活をするにあたり、お互いが快適に、円満に過ごすためのルールを作る必要も出てくるはず。では、実際の夫婦がどんなルールを作ったか、既婚の男女に教えてもらいましょう。

af0100001519w

<女性の場合>

■お金のこと

・「金銭管理及びあらゆる決定権は全て妻にあり、夫はお金を運んでくるだけ。その代わり、家事育児一切を妻が引き受ける。万が一、妻が外で働く場合この賃金は全て妻の物である」(33歳女性/その他/その他)

・「財布は別々で生活していこうと決めました」(32歳女性/その他/その他)

今までは1人でやりくりしていたお金のこと、お二人で生活をしていくのですから、お金のことを話し合わないわけにはいきませんよね。ここをルーズにしてしまうと、あとあと困った事態になりかねません。

■ケンカ防止

・「ケンカをする前に話し合うこと」(35歳女性/小売店/販売職・サービス系)

・「ケンカはせずに話し合いで解決すること」(26歳女性/学校・教育関連/その他)

親密な関係の2人ですから、真剣にお互いに向き合った結果、ケンカしてしまうこともあるでしょう。冷静なときに解決策を決めておけば、お互いに歩みより、仲直りもすんなりできるかもしれません。

■家事のこと

・「共働きのときは、最初に家に帰ったほうが食事を作る」(34歳女性/その他/その他)

・「家事の役割分担をし共働きなので協力しあう」(28歳女性/その他/その他)

家事のことを取り組めるのも必要不可欠でしょうね。特に、共働きの家庭は、きちんと役割分担をしておかないと、片方にばかり負担を強いることになるかもしれません。

<男性の場合>

■隠し事

・「隠し事はしない。また、お互いへのリスペクトは忘れない」(33歳男性/情報・IT/クリエイティブ職)

・「うそはつかない。どんなこともうそはつかない」(35歳男性/不動産/営業職)

お互いに信頼をしなくてはならない関係なのですから、うそを吐いたり、不誠実な行為をしたりすることは絶対にNGでしょうね。

■スキンシップ

・「行ってきますのキスをしている夫婦は年収が高いと聞いて毎朝キスして出かけている」(29歳男性/その他/技術職)

・「朝と寝るときの挨拶とキス。出かけるとき帰ってきたときの挨拶とキスは欠かさない」(33歳男性/情報・IT/技術職)

スキンシップは、夫婦にとって、非常に大事な愛情表現です。一緒に住んでいると、ついつい怠りがちですが、ルールとして決めておけば、減ってしまうこともないでしょうね。

■飲み会のときは……

・「飲み会などで遅くなるときは必ず連絡する。心配するから」(31歳男性/自動車関連/技術職)

・「0時までには帰ってくる、飲みに行くのは月に2回まで」(26歳男性/商社・卸/営業職)

仕事の付き合いで飲み会に参加し、帰りが遅くなることも多々あるでしょう。そういうときは、家に残っている方に連絡を一つでも入れるのが思いやりというもの。

まとめ

夫婦間でのマナーは、その夫婦によって大きく異なるはず。生活スタイルや、働き方によって、決めておいた方がいいことはちがいますからね。結婚したらまず、お互いにとって、どんなルールが必要か話し合い、生活がしやすくなるものを採用したいものです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数195件(25歳~35歳の既婚男性)、219件(25歳~35歳の既婚女性)

※この記事は2017年01月15日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE