お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

まじイイ女っ……! 「育ちのいい女性」が絶対に送らないLINE3つ

ファナティック

LINEやメールのやりとりをしているときに、文面があまりにも乱暴だと、相手の品性を疑ってしまうこともあるもの。好きな人をガッカリさせないためにも、LINEを送るときは気をつけたいものですよね。「育ちのいい女性」が絶対に送らないLINEの特徴とは? 働く男性たちの意見を教えてもらいました。

yuka0i9a1561_7_tp_v-2

(1)スタンプばかり送る

・「スタンプだらけのLINE。文書でのやりとりが多いと思うから」(39歳/医療・福祉/営業職)

・「スタンプの連発送信。相手が忙しくないか考えるから」(29歳/印刷・紙パルプ/販売職・サービス系)

LINEでスタンプばかり連投されると、ウンザリしてしまうこともあるもの。これに対しては、返信するべきかどうかも迷いますよね。品のいい女性なら、相手のことを考えないスタンプだけのLINEを一方的に送りつけることはなさそうです。

(2)若者言葉を使わない

・「てかさ、から始まるような若者の言葉」(30歳/商社・卸/営業職)

・「てかさーとかそういう最近の言葉遣い」(30歳/商社・卸/営業職)

若者が使うような言葉が並べられていると、どうしても稚拙に見えてしまうこともあるのではないでしょうか。育ちのいい人だと、言葉遣いにも気をつけているはず。自分の品格を落とすような文言を遣うことはないでしょう。

(3)人の悪口

・「他人の悪口や批判するような内容を送らない」(36歳/機械・精密機器/技術職)

・「他人の悪口を自ら言わない。他人の容姿をバカにしない」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

育ちがいい女性は、人の悪口を言うこともなさそうですよね。小さな頃から両親のしつけをしっかり受けているだけに、悪口を言うべきではないという自覚があるのでしょう。他人を悪く言うことで、自分も悪口を言われる対象になる可能性もあります。

<まとめ>

育ちのいい女性だからこそ、あえて自分から汚い言葉を使ったり、周囲を不快に感じさせたりするような発言はしないようですね。LINEだからといって、フランクに接しすぎてしまうと、相手に品性を疑われてしまうこともありそう。好きな人に送るLINEでは、特に気をつけたいところです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月15日~2016年12月16日
調査人数:387人(22~39歳の男性)

※この記事は2017年01月14日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE