お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ゴメン、どいて……彼氏の存在が「邪魔になる」とき6選

ファナティック

%e3%81%af%e3%81%aa%e3%81%97%e3%81%a6

彼氏と一緒にいるのは楽しいし、愛情がなくなったわけではないけれど、何となく存在自体を疎ましく感じてしまう。もちろん、彼氏に対してはっきり言うことはできないけれど、正直煩わしくも思ってしまう瞬間。今回は、どんなときにそう感じるのかについて女性たちに聞いてみました。

(1)新しい出会いの期待があるとき

・「いい出会いがありそうな合コン、友だちの紹介の機会がありそうなとき」(24歳/情報・IT/技術職)

・「合コンに行った人のキュンキュンした話を聞くとき」(28歳/金融・証券/事務系専門職)

彼氏との恋愛が落ち着いてくると付き合い始めのようなドキドキした気持ちを思い出したくなるのか、ほかの人にときめくこともあるようです。彼氏と気になる男性の間で気持ちが揺れ動くと彼氏が煩わしくもなるのでしょうね。

(2)仕事が忙しいとき

・「仕事が忙しくて、かまってられないとき」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「仕事が忙しく、連絡をする余裕もないとき。彼氏がいなかったら、もっと仕事に集中できるのにと思う」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

仕事が忙しくて自分の気持ちに余裕がないときでも、彼氏がいたらデートしないわけにいかないし、連絡を取らないと怒られそう。一人ならもっとバリバリ仕事ができるのにと思うと、彼氏がいない方がいいかもと思ってしまうみたいですね。

(3)自分のための時間が取れないとき

・「自分の時間があまり取れないとき(エステサロンに行く時間・お買いものする時間・掃除する時間)」(24歳/通信/営業職)

・「自分のやりたいことができないとき」(33歳/学校・教育関連/技術職)

彼氏を優先することで自分の時間が取れないと思ったときにも、存在が煩わしくなるようです。自分のための時間を充実させるために、少し距離を取りたいとも思うのでしょうね。

(4)休日をのんびり過ごしたいとき

・「休日はのんびり過ごしたいと思うときでも、デートの誘いがあると断るのが申し訳なく思ってしまう」(30歳/ソフトウェア/その他)

・「一人でテレビを見たいと思うとき」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

彼からデートに誘われたとき、本当は家でのんびりしたいと思っても気を使って断れない。自分の好きなように休日を使えないとき、彼氏がいない方が気楽だなと思う女性も少なくなさそうですね。

(5)自分の生活すべてに関わってくるとき

・「ずっと私の家にいて、ご飯やお菓子をこぼされたりしたとき。掃除機をかけるのに邪魔」(34歳/金融・証券/事務系専門職)

・「同棲していても家事を一切しないで、私が二人分の家事をすべて行うとき、煩わしいなと感じます」(36歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

同棲している、彼が自宅に入りびたりという状態になると適度な距離感が保てず色々なことでストレスを感じそう。結婚もしていないのに彼の面倒を見ないといけないというのは、納得がいかないという人も多いでしょうね。

(6)遊びに行けないとき

・「飲み会や遊びに行ったとき少しむすっとした感じになるとき」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「飲み会に行きたくても行けないとき」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

彼から離れて友だちと遊びに行きたいと思ってもヤキモチをやかれるので行くに行けない。束縛とまではいかなくても行動が制限されてしまうと彼氏がいることの不自由さを感じてしまうのでしょうね。

<まとめ>

嫌いになったのなら別れてしまえばいいけれど、時々感じる煩わしさというのは正直なところ自分でもどう消化していけばいいのか分かりませんよね。カップルとして親密になることで、お互いの距離感が近づきすぎているとこういう風に感じる機会も増えてくるのかも。めんどくさくて「もう、いいや!」とならないためにも、二人で過ごす時間とそれぞれが自由に過ごす時間のメリハリをつけた方がいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数99件(22歳~36歳の働く女性)

※この記事は2017年01月13日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE