お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

育ちがよすぎてもダメ!? 「お坊ちゃま男子」の特徴・6つ

ファナティック

%e3%81%84%e3%81%97%e3%82%83社会に出ているのに、苦労を知らなさそうに見える男性っていますよね。時に周囲をイラつかせてしまうこともある、そんな苦労知らずな男性の特徴を女性に伺ってみました。

(1)とにかく常識がない

・「常識がない」(33歳/不動産/事務系専門職)

・「一般常識をほとんど知らない男性。あまり庶民感覚でなくて苦労知らずな男性がいるから」(24歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

適切な挨拶ができない、食事のマナーがなっていないなど、社会人でなくとも身についていそうな一般常識やマナーがないと、苦労を知らずに育ったのかなと思われるようです。

(2)お金の苦労を知らない

・「実家がお金持ちで仕事にガツガツしていない」(30歳/金融・証券/経営・コンサルタント系)

・「実家がお金持ち。お金を稼ぐ大変さをわかっていなさそうだから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

お金持ちの家庭に育ったお坊ちゃんであれば、お金の苦労を知らなくても不思議はありません。お金に対して無頓着で、金銭感覚などが異なると、そう感じてしまうこともあるようですね。

(3)いつもヘラヘラしている

・「干支が言えないのにヘラヘラ笑っている男性を見たとき」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「いつもヘラヘラしてる男性。仕事での苦労とか全くしてなさそうに見えるから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

いつもヘラヘラと笑っているような男性は、能天気であまり深く考えていない場合もあります。ただし、中には場の空気が悪くなるのを恐れてそうした行動をとる男性もいるようですので、ヘラヘラしているからといって苦労知らずと決めつけるのは難しいかもしれません。

(4)苦労知らずの人は挫折を知らない人

・「挫折を味わったことない人」(28歳/電力・ガス・石油/営業職)

・「仕事で、大きな挫折をしたことがない人。自信満々なので」(28歳/金融・証券/営業職)

人間、一度でも挫折することを味わうと、慎重にもなるものです。そうした挫折を知らない人は、ある意味怖いもの知らずで苦労知らずといった一面もあるのかもしれませんね。

(5)いつも誰かに助けられてきた人

・「周りの助けで上手く渡り歩いてきた人」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「何でもかんでも楽天的に考えて、どんなピンチも人が助けてくれる位に考えている人」(33歳/不動産/専門職)

本人が助けを求めなくとも、常に周囲の人に守られて助けられ続けた人は、苦労というものを知らずに来ている可能性が高いです。また、何かあっても誰かが助けてくれるだろうという、甘えがあるのも特徴です。

(6)責任感がなく軽い

・「納期などに対する責任感が弱い」(33歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「ノリと勢いだけで生きてきたような、軽薄な男性」(31歳/その他/その他)

失敗や苦労をすることを知っている人は、自分の行動がどのような影響を与えるかを考えるものです。そうした配慮がみられず、無責任で軽率な行動をとるような男性は、苦労そのものを知らない可能性もありそうですね。

<まとめ>

苦労をすることを知っている男性というのは、思慮深く周囲への配慮も見られるものです。そうした行動が見られないような男性は、苦労知らずな男性が多いのかもしれません。パッと見、軽そうに見える男性も同様に、坊ちゃん育ちの苦労知らずの可能性があるかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数89件(22歳~36歳の働く女性)

※この記事は2017年01月13日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE