お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

強引なのがイイ……! 女子が「肉食男子にされたい」アプローチ6つ!

ファナティック

%e8%82%89%e9%a3%9f%e7%94%b7%e5%ad%90%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%9f%e3%81%84%e3%82%a2%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%81男子からアプローチされると、自分がそんなに魅力的なのかもと自信が持てますよね。特に肉食男子からの少々強引なアプローチは、勢いに押されつつ気持ちが揺らいでしまうこともありそう。今回は、女性たちが肉食男子からされたいのは、どんなアプローチなのかについて聞いてみました。

褒めまくってほしい

・「『かわいい』を連発して気分を上げて、お姫様気分にさせてアプローチしてきてほしい。なかなかそんな人はいないので」(24歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)
・「ストレートに褒められたらうれしい」(31歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

聞いているほうが恥ずかしくなるほどの褒め言葉でとにかく褒めまくってほしい。恥ずかし気もなく褒め言葉を口にできる男性はいなさそうですが、肉食男子ならそのくらいはやってくれそうですね。

断ってもめげずに誘う

・「積極的にデートに誘ってほしい。断っても、ガンガン来られると、本気度がわかってうれしい」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)
・「断っても気にせずにどんどん誘われて、『いつの間にか彼のペースになってた』という感じがいい」(30歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

すぐにアプローチに応えてしまうと自分の立場が弱くなりそうだけど、断って諦められるのももったいない。肉食男子には、断られてもめげずに何度もデートの誘いをしてもらいたいと思っているようですね。

プレゼント攻撃

・「プレゼント攻撃。プレゼントをもらえたら純粋にうれしいから」(31歳/その他/その他)
・「色々なオススメスポットへ連れ出していってほしい。プレゼントをもらいたい」(33歳/不動産/事務系専門職)

自分が好きそうなものをリサーチしてプレゼント攻撃。ものに釣られるというわけではないけれど、お金をかけるということは一種の愛情表現だと思えば、女性たちの気持ちを動かすアプローチ方法でもありますよね。

イケメンの壁ドン

・「イケメン男子の壁ドン。一度はされてみたいから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・「壁ドンとかトイレでの待ち伏せとか」(25歳/自動車関連/事務系専門職)

テレビや映画のワンシーンのような「壁ドン」。一度くらいはされてみたいと思っている女性も多そう。肉食男子の強引さを発揮できる場面でもありますよね。ただし、イケメンに限るという条件付きのこともあるようです。

「俺について来い!」

・「『俺について来い!』と強引にリードされる。押しの強い男性はいいなと思うので」(30歳/学校・教育関連/専門職)
・「俺について来い的なグイグイしたアプローチをされたい」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

強引すぎるほどグイグイと引っ張っていってくれる肉食男子にすべてを任せてみたいと思う女性もいるようです。ここまで強引になれるということは、それだけ女性をリードできる自信があるということだろうとも思えますよね。

ストレートな告白

・「『○○のことが好きです』とストレートに伝えてほしい」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「あなたしか見えないと積極的にアプローチをストレートにしてほしい。揺らぐから」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

モジモジせず、肉食男子らしいストレートな告白を聞かせてもらいたい。なかなか、気持ちをはっきりと伝えてくれる男性がいないだけに、わかりやすい言葉で真っすぐに気持ちを聞かせてくれるとそれだけでキュンとしそうですね。

まとめ

肉食男子の強引さが苦手という人もいそうですが、その押しの強さとペースに乗せられていつの間にか彼のことが気になり始めるという人も多いかも。もちろん、女性の気持ちを無視した自分勝手な行動が過ぎるとマイナスですが、恋愛に置いての主導権は男性に握ってもらいたいというのが、多くの女性のホンネ。安心してすべてを任せられる肉食男子は、意外と狙い目かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数149件(22~34歳の働く女性)

※この記事は2017年01月10日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE