お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

弱さを見せよう! 男性がキュンとする寂しいアピール・6つ

ファナティック

taka160421400i9a2651_tp_v

女性からの寂しいアピールは、時々男性から嫌がられることも多いですが、それでもキュンとくるものも多いはず。そこで社会人男性にどんな寂しいアピールなら思わずキュンとしやすいか、を調査してみました。

「会いたい」というメッセージはキュンとくる

・「会えなくて寂しい、という感じのメッセージをもらうとキュンとしてしまう」(28歳/警備・メンテナンス/販売職・サービス系)

・「会いたいアピール。これが一番効きます」(26歳/その他/その他)

あまりに頻繁だと嫌がられるけれど、たまにの「会いたい」アピールは男性をキュンとさせやすいそう。「会いたい」はいざというときのためにとっておいた方がいい?

暇アピールはうれしい

・「『今、暇してる』とLINEやメールが来るとき。あえて寂しいと言わないところ」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「夕食とかに誘われると他に一緒に行く人いないのかな?とか妄想してしまう」(33歳/その他/事務系専門職)

寂しいときはあえて寂しいと言わず、暇アピールで遠回しに訴えてみると良さそう。あえて「寂しい」と言わないところにキュンとしてしまうとか。

急に連絡がくるとドキッとする

・「メールしてて、途中で話したかったから連絡したのと言われるとキュンとします」(28歳/情報・IT/営業職)

・「普段はあまり連絡してこないのに急に電話してきたりするとき」(29歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

また普段はつれない彼女が突然寂しくて連絡をしてくると、ドキッとしやすいそう。普段忙しくしている女性ほど、たまにはこんなアピールをしてみるといいかも?

ふとした瞬間の寂しいアピールがいい

・「残念だなみたいなことをボソッとつぶやいた。聞こえるか聞こえないかぐらいだったから心にひびいた」(33歳/警備・メンテナンス/その他)

・「思わずキュンとした異性からの寂しいアピールは、普通にふるまっていてもふとした瞬間にさびしそうな顔をするところです」(32歳/自動車関連/技術職)

寂しいときは「自分の寂しさ」に無理に気づいてもらおうとせず、ふとした瞬間に匂わせた方がいいよう。さりげないアピールだと男性の心にも響きやすいとか。

「もう少し一緒にいたい」に弱い

・「もうちょっと一緒におったらあかんって聞かれたとき」(31歳/機械・精密機器/その他)

・「恋人から『まだ帰りたくない、もう少しだけ一緒にいてほしい』と言われるときに、少しでも一緒にいたいんだなと思いキュンときました」(27歳/金融・証券/営業職)

楽しい時間が過ぎるのが寂しいのは男性も同じ。デートがあまりに楽しく終わった日は、こんな風に甘えてみるのもいいかもしれませんね。

ボディタッチが多いと放っておけなくなる?

・「抱きついてきたり、すりよってきたり、構って欲しい態度をとったとき。構って欲しいというのが伝わってきてほうっておけなくなってしまうから」(31歳/情報・IT/技術職)

・「飲み会で、ボディタッチをしてきた事があった。普段、そういったキャラではなかったため、積極的だなと思った」(32歳/情報・IT/技術職)

普段そんなキャラじゃない女性ほど、効果的なのが寂しいときのボディタッチなのだとか。無理してる姿がけなげに見えて、キュンときてしまうのかもしれません。

やりすぎるとウザがられることも多いけれど、さりげなくてたまにやる寂しいアピールだとキュンとしてしまう男性が多いよう。寂しさは誰よりも彼氏にわかってほしいものですが、いざというときのためにも寂しいアピールはとっておくのが効果的なのかも?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年9月にWebアンケート。有効回答数200件。25歳〜34歳の社会人男性)

※この記事は2017年01月09日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE