お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

“ケチ男”とのデートでは「味わえない幸せ」・6つ

ファナティック

af0100003262w

女性とのデートで1円単位まで割り勘にしたり、安いお店ばかり選んだりするケチな男性とは、一緒にいても楽しくないですよね。一方で気前のいい男性とのデートは、ケチな男性とのデートでは味わえない楽しさがありそうです。今回は気前のいい男性とのデートで楽しかったエピソードについて、女性のみなさんに教えてもらいました!

割り勘のことを考えなくていい!

・「割り勘などがないぶん、それはそれで楽しいと思った」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「いちいちお金がいくらとか割り勘とか考えずにすんだとき」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

ケチな男性とのデートでは、支払いは割り勘が基本です。毎回計算するのも面倒なもの。気前のいい男性はおごってくれるので、割り勘のことを考えなくていいのが気持ち的に楽ですよね。

値段を気にせずお店に入れる!

・「お店に入る前に、『ここは高いから……』と選ばないで入れる」(28歳/金融・証券/営業職)

・「レストランでも買い物でも値段を見たり、それについて意見を言うことがない」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

少しでもデートを安く済ませようとするケチな男性とちがって、気前のいい男性は値段を気にしません。安いものを基準にするのではなく、高いものや高級店をためらいなく選べるのはうれしいですよね。

相手にお伺いを立てなくていい!

・「いちいちお伺いを立てなくても好きなものを食べられるのはうれしい」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「ほしい物や食べたい物に、出し惜しみしないことで、好きなことができた」(33歳/生保・損保/専門職)

ケチな男性とのデートでは、自分の食べたい物がちょっと高いときにお伺いを立てないといけないことも。気前のいい男性ならお金の心配をしなくていいので、デートを思いっきり楽しめそうですね。

ほしいものをなんでも買ってくれる!

・「財布を出さなくていい。何でも買ってくれる」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「『ほしいな~』と言えば『いいよ。買ってあげる』と即答してくれる」(30歳/その他/販売職・サービス系)

ケチな男性と気前のいい男性とのデートの一番の違いは、ほしいものを何でも買ってくれるかどうか。自分で財布を出さなくてもほしいものが手に入るなんて、楽しくないわけがありませんよね。

絶対におごってもらえる安心感がある!

・「おごってもらえる安心感がすばらしい」(30歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「必ずおごってもらえるし、プレゼントをデート後にもらったりした」(30歳/学校・教育関連/専門職)

気前のいい男性とのデートだと「絶対におごってもらえる」という安心感がありますよね。自分では一銭も出さなくていいので、お財布的にも助かります。ケチな男性とのデートではそうはいきませんよね。

罪悪感が少ないから気が楽!

・「おごられる罪悪感が少なくて済むこと」(22歳/建設・土木/技術職)

・「相手にお金を使わせるのは悪いと気にする必要がないので気が楽」(28歳/医療・福祉/専門職)

ケチな男性がたまにおごってくれると、お金を無理して使わせたような気がして罪悪感が生まれることも。気前のいい男性の場合はその罪悪感が少ないので心からデートを楽しめるし、気楽ですよね。

まとめ

割り勘のことを考えなくてよかったり値段を気にせずにお店に入れたりと、気前のいい男性とのデートは楽しいことがたくさんあるようです。何よりも「お金の心配をしなくていい」というのが大きいですよね。やっぱり女性はお姫様のように扱われるのが好きなのかも……!?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月9日~12月20日
調査人数:90人(22歳~34歳の女性)

※この記事は2017年01月09日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE