お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

コイツしかいねぇ! 男性が「彼女に惚れ直した」瞬間6つ

ファナティック

付き合いが長くなってくるとマンネリや飽きで、相手のいいところが見えなくなってくることもあるもの。でもふとした瞬間にパートナーへの愛を再確認することも。今回は、男性たちが思わず「彼女に惚れ直した」瞬間について聞いてみました。
401190b0750d7bf5d2232d5000100e33

料理を作ってくれたとき

・「おいしい手料理を作ってくれたとき」(29歳/情報・IT/営業職)

・「とことん、手作りで立派な料理ができたとき。凄いと思った」(38歳/情報・IT/技術職)

おいしい料理を作ってくれたときに、彼女に惚れ直す男性は多いようですね。手抜きになってしまいがちな人は、豪華な料理を作ってみると、彼も見直してくれるのではないでしょうか。

落ち込んでいるとき

・「自分が凹んでいるときに心からやさしくしてくれたとき」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

・「落ち込んだときでもやさしく励ましてくれたとき」(36歳/自動車関連/販売職・サービス系)

自分が落ち込んでいるときは、恋人に側にいてほしいと思うものですよね。心の底から心配してくれていると、惚れ直してしまうのではないでしょうか。

サプライズしてくれたとき

・「サプライズでお祝いをしてくれた」(38歳/情報・IT/技術職)

・「サプライズプレゼント。急なものはうれしいから」(30歳/建設・土木/技術職)

彼のことを驚かそうとサプライズをしかけると、喜んでくれるようですね。予想もしていなかったプレゼントをもらうと、彼女に対する思いも深まるのでしょうね。

子どもを大切にしていたとき

・「子どもに対する対応がやさしかったこと。こいつとならいい家庭が築けるかもと思った」(37歳/警備・メンテナンス/その他)

・「子どもに席を譲ったとき」(33歳/運輸・倉庫/技術職)

子どもをかわいがったり、遊んであげている姿を見ると、将来の姿と重なってみえる男性もいるのでは。自分の子どもが生まれても、同じようにかわいがりそうですものね。

病気のとき

・「病気で苦しんでいるときに一生懸命看病してくれた」(36歳/情報・IT/営業職)

・「風邪のときにかいがいしく看病してくれたときです。大切に思っていてくれたからです」(37歳/情報・IT/事務系専門職)

病気になったときは、誰かに側で看病してほしいと思うものですよね。心配して側にいてくれる彼女に惚れ直すのも、無理はないかもしれません。

やさしかったとき

・「やさしさが溢れているとき。惚れ直す」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「やさしくしてもらったこと」(25歳/警備・メンテナンス/販売職・サービス系)

彼女のやさしさを感じたときに、あらためて惚れ直すこともあるのでは。自分に対しての愛情があるからこそ、やさしくしてくれるといえそうですよね。

まとめ

恋人から心配してもらったり、やさしくしてもらうと、惚れ直すこともあるようですね。いつも一緒にいると、つい恋人に対しての態度が雑になってしまうこともあるもの。大切な人だということを態度に表すと、相手も感動してくれるのではないでしょうか。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月19日~2016年12月20日
調査人数:380人(22~39歳の社会人男性)

※この記事は2017年01月08日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE