お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

女性が「本命の彼としかしない」6つのこと

ファナティック

本命の彼とそうでない男性とでは、することとしないことをハッキリわけている女性もいるのでは。今回は女性のみなさんに、「本命の彼としかしないこと」を教えてもらいました。どのような点で、線引きをしているのでしょうか?

キスをこばむ女性

旅行をする

・「旅行。本命以外にそんなお金をかけていられないから」(28歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「2人での旅行やテーマパークへ遊びに行くこと」(25歳/その他/事務系専門職)

旅行は普通のデートとちがい、長時間でお金もそれなりにかかりますよね。そのため、本命の彼としかしたくないという女性が多いようです。

手料理を振る舞う

・「彼のためにご飯を作ってあげること」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「手料理を振る舞うこと、自宅に招くこと」(33歳/不動産/事務系専門職)

女性にとって手料理は、大切な人にこそ愛情込めて振る舞ってあげたいと思うもの。そうでない男性には、あまり作りたくないと思うのかもしれません。

手をつないで歩く

・「手をつないで歩くこと。まわりに対してもはっきりと付き合っていることをアピールすることになるから」(31歳/その他/その他)

・「手をつないでデートすること。男友だちとは、ただ食事に行くくらいだから」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

手をつないでデートをするといった行為は、本命の男性にだけOKとするという女性もいます。どうも思っていない男性には、手に触れようとも思えないのでは。

キスをする

・「キス。彼氏かどうかの境界だと思う」(28歳/情報・IT/事務系専門職)

・「ハグやキス。当たり前だけど、本命でないとまずしないと思うから」(28歳/医療・福祉/専門職)

愛情を深め合うためのキスは、本命の彼とだけすると答えた女性もいました。大事な相手だからこそ、キスしたいなと思えるのでしょう。

家族の話をする

・「家族の話をすること。本命なら自分の家族とも仲良くなってもらいたいから」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

本命相手なら、自分の家族の話をきちんとするという声も。いずれ彼も家族になるかもしれないという気持ちから話すのでしょうね。

将来の話をする

・「将来の話をする。本命の人は具体的なイメージを膨らませたい」(25歳/生保・損保/事務系専門職)

・「将来の現実的な話。将来を考えるから」(29歳/情報・IT/事務系専門職)

結婚時期や子どもをどうするかなど、2人の将来の話は、本命の彼としかしたくないという女性も多くいました。ここまで現実的な話になると、真剣に将来を見据えてのことでしょう。

まとめ

女性が考える、本命彼氏とそうでない男性との境界線。寄せられた意見は人それぞれですが、やはり本命の彼には特別な行為をしたいと考える女性が多いようです。本命でない彼には誤解されないよう、また本命の彼には信頼してもらえるよう、きちんと線引きをすることは大切かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月21日~12月9日
調査人数:105人(22~34歳の女性)

※この記事は2017年01月08日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE