お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

こっち来るな!! 電車で近寄りたくない人・5タイプ

ファナティック

%e9%9b%bb%e8%bb%8a毎日通勤で使う電車には、いろいろな人が乗っていますよね。乗る時間帯によっては、お酒くさい人がいて不快に思うことも。そこで今回は電車で見かけたら「近寄りたくない!」と思う人の特徴について、働く女性のみなさんに教えてもらいました!

■ニオイがきつい

・「肥満で汗かきの人は少しニオイが気になる」(30歳/ソフトウェア/その他)

・「ニオイが強い人。自分の服にもうつりそうだから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

冬の電車内は暖房がきいていて、みんな厚着をしているので汗をかくことも。その汗のニオイがきつい人が近くにいたら、自分にもそのニオイが移りそうな気がして避けたくなりますよね。

■イヤホンの音漏れが激しい

・「音漏れが激しい人」(30歳/金融・証券/経営・コンサルタント系)

・「イヤホンから大音量の音楽が漏れている人。気になってしまうから」(35歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

電車内は音楽を聴いている人も多いですが、イヤホンから大きな音が漏れていると気になりますよね。本人は気付いていないことが多いので、そっと場所を移るしかなさそうです。

■ひとりごとを言っている

・「ブツブツ一人で話している人。何かされそうで怖いから」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

・「独り言をぶつぶつ言っている人。以前、30分ほど独り言で文句を言い続けている人がいて気分が悪かった」(31歳/その他/その他)

電車内は基本的に静かな場所なので、ブツブツひとりごとを言っている人は目立ちますよね。はたから見ると奇妙に移るし突然何かされたら怖いので、できるだけ距離を置きたくなります。

■酔っぱらっている

・「泥酔している人。絡まれたりしたら困る。トラブルになっても本人は覚えてないから、たちが悪い」(35歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「酔っ払って、フラフラしながら立っている人。今にも倒れたり吐いたりしそうでこわいので、車両を変える」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

夜遅い時間帯の電車で遭遇する確率が高いのが、酔っぱらっている人です。泥酔してフラフラしているのは見ていて危なっかしいし、吐いてしまう可能性もあるので車両を変えたくなりますよね。

■大声で話す、お菓子を食べている

・「大声で話している人。からまれそう」(28歳/金融・証券/営業職)

・「スナック菓子をボリボリ食べている人。くさいしうるさいから」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

みんな静かにしているのに、大声で話している人がいたら近寄りたくないですよね。スナック菓子を堂々と車内で食べられると、ニオイも気になるし食べる音もうるさく感じてしまいます。

■まとめ

電車で見かけたら「近寄りたくない!」と思う人の特徴として、ニオイがきつかったり酔っぱらっていたりなどがありました。電車が混んでいるときはこれらの人がいても避けられないので、乗っている時間が苦痛になりますよね。あなたが電車で「近寄りたくない!」と思う人は、どんな人ですか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数112件(22歳~36歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]