お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

惚れちゃうよっ! 思わずドキッとした男性からのLINE・6つ

ファナティック

男性となにげないLINEでのやり取りをしていて、ふと送られてきたメッセージに思わず心を奪われてしまった経験のある女性もいるのではないでしょうか? そんな思わず惚れてしまった男性からのLINEメッセージを、女性たちにこっそり教えてもらいました。

突っ伏した女性

■体調などを気遣う内容

・「体調を崩したときに、心配してくれてメッセージが来たとき」(27歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「具合が悪いから食事の誘いを断ったところ、数日後『具合どう?』といたわりのLINEが来た。覚えていてくれたことと、心配してくれたことに惚れた」(33歳/生保・損保/事務系専門職)

体調が悪く弱っているときなどに、やさしく声をかけてもらったら思わず惚れてしまう気持ちもわからなくもないでしょう。心から心配してくれているその気持ちに、グッときてしまいますよね。

■やさしく励ましてくれる内容

・「疲れているときに、励ましてくれる内容」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「『無理するなよ』など、ひと言励ましてくれるようなLINE」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

ちょっとしたときに、励ましてくれるような言葉をかけてくれる男性に惚れてしまった経験のある女性もいるようです。些細な言葉であっても、そのやさしい気遣いがジーンときてしまいますよね。

■細かい配慮をしてくれる内容

・「私がお酒が飲めないのを考慮して、ノンアルコールドリンクが充実しているお店を予約してみたよといったメール」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「私への気遣いがすごくしてあったLINE。単純にうれしかった」(33歳/不動産/専門職)

ありきたりなやさしさや取ってつけたような対応ではなく、その人をちゃんと観察して対応してくれたことがわかる内容は、とてもうれしく感じてしまうもの。細かい気遣いや配慮にはキュンとしてしまいそうですね。

■悩んでいるときに相談にのると言ってくれた

・「へこんだときに、いつでも相談にのるよと言われたとき」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「仕事でこっそり悩んでいたとき、上司が『大丈夫? 悩みあるよね?』と送ってくれたこと。話も聞いてくれました」(29歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

つらいときや悩みがあるときなどに、聞くよと言ってくれるだけでも心が軽くなることってありますよね。こうしたやさしい対応に、心が動かされた経験を持つ女性も少なくないようです。

■律義でていねいな対応に感動

・「『今度お礼がしたいのでお食事しましょう』などといった礼儀正しい誘い」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「飲み会のあとなどに、『お疲れさまでした。今日は楽しかったですね』とていねいな文章が書かれていること。誠実さが伝わるから」(30歳/学校・教育関連/専門職)

礼儀正しい対応やていねいな対応をされると、ドキッとしてしまう女性もいるようです。ちゃんとしている人なんだなと感動するとともに、誠実さが伝わって気になってしまうという人もいそうですね。

■やさしさと頼もしさが伝わったとき

・「『何かあったときは言えよ』とそれだけ送ってきた彼氏。無理に詮索しないところにやさしさを感じた」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「仕事で大変なときに、『俺に任せろ!』と送ってくれた同僚。カッコよかったから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

メッセージに男らしさや頼もしさが感じられると、急に意識してしまうという女性もいるのではないでしょうか? そんなカッコいい対応に思わず惚れてしまうという女性は意外にも多いみたいですよ。

■まとめ

たとえLINEのメッセージひとつでも、ちょっとした言葉や気遣いによって、女性の心を動かすことは可能なようです。ポイントはやはり相手に合わせた思いやりなのではないでしょうか? へこんでいるときは特に、ちょっとしたやさしさやフォローに心が動かされそうですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月8日~12月26日
調査人数:102人(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]