お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

大好きっ!! デート後に彼氏から届いた「胸キュンLINE」6選

ファナティック

デートのあと、彼氏とバイバイすると寂しいですよね。同棲しているのでもなければ、次のデートまで会うことはできません。そんなときに彼から届いた、キュンとするメッセージとは? 今回は女性に、デートのあとに彼氏から届いた「胸キュンLINE」を聞いてみました。

スマホと女性

■「めっちゃ楽しかった!」

・「俺はめっちゃ楽しかったよ! よしよし」(22歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「めちゃめちゃ、楽しかった。またどこかへ行って写真いっぱい撮ろう」(23歳/小売店/販売職・サービス系)

ただ楽しかったと言うのではなく、「めっちゃ楽しかった!」と言うことで、彼女に対する気持ちがより強く伝わってきますよね。ちょっと大げさで無邪気な感じがいいのではないでしょうか。

■「無事帰れた?」

・「無事帰れた? と心配してくれているLINE」(25歳/金融・証券/専門職)

・「帰宅を心配してくれているようなLINE」(28歳/電機/販売職・サービス系)

彼女が何事もなく家まで帰れたかどうか、彼氏としては心配なもの。家まで送ることはできなくても、彼女の身を案じている様子が伝わってくるメッセージですね。

■「バイバイしたばかりなのに、もう会いたい」

・「今バイバイしたのにもう会いたい!」(30歳/通信/販売職・サービス系)

・「バイバイしたばっかりだけどもう会いたいよ」(28歳/医療・福祉/専門職)

さっき別れたばかりなのに、もう会いたい……。そんな切ない気持ちをストレートに表したメッセージにも、キュンとしてしまう女性が多いのは、わかるような気がしますね。

■「もっと一緒にいたい」

・「まだまだ一緒にやりたいことあるからね」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「帰りたくなかった、もっと一緒にいたかった、またすぐ会いたい」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

別れた直後に「もっと一緒にいたい」と言われると、なんだかうれしくなってしまいそう。次のデートでもそう言ってもらえるよう、がんばろうと思えますね。

■「次は○○に行こう!」

・「今日はありがとう! 次は○○行こな! シンプルで、次のデートが楽しみになる」(23歳/医療・福祉/専門職)

・「次は○○しに行こうね! 次があることがうれしいから」(23歳/情報・IT/技術職)

デートが完璧で楽しかったときはもちろん、物足りなかったときも、次の約束をしてフォローしてもらえるとうれしいですよね。男性のほうからデートの提案をされると、ことがスムーズに運びそうです。

■「今日はありがとう」

・「今日はありがとうというようなLINEをもらった場合」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

お礼を言われて不快になる人はいませんよね。ましてや、それが彼氏からの言葉ならなおさらです。そのあとにデートの具体的な感想が続くと、女性としてもうれしくなってしまいそう。

■まとめ

相手の顔が直接見えない、LINEでのやりとり。言葉のチョイスによっては、面と向かって言えないようなメッセージで相手をキュンとさせることもできるようです。逆に自分も彼にときめいてもらえるよう、LINEのメッセージには気を配りたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月5日~12月8日
調査人数:100人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]