お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

円満の秘訣はコレ! 夫から飽きられないために、妻が「必ずしていること」6つ

ファナティック

結婚してからずっと一緒に暮らしていると、相手がいることが当たり前という気持ちになるせいか少しずつ飽きを感じることも。でも、それが「安定感」になるか「マンネリ」になるかは努力次第。今回は、妻たちが夫に飽きられないために「必ずしていること」について聞いてみました。

仲よしな夫婦

■体型をキープする

・「体型を維持すること。太っている人が嫌いなのでなるべくがんばっています」(31歳/その他/事務系専門職)

・「体型のキープ。運動嫌いなので、食事量など気をつけています」(30歳/その他/その他)

夫の好みがスリムな体型なら、太らないように努力する。自分自身の健康と美容のためでもある体型キープは、夫から飽きられないためにも大事なことのようです。食事や運動など日々の努力が大事ですよね。

■女を捨てない

・「2人で出かけるときは、ちょっとオシャレしたり、家にいるときもできるだけだらしない格好にならないようには気をつけてます。オナラとかゲップは付き合って9年経った今でも彼の前ではしません」(28歳/その他/その他)

・「オシャレや女性らしさを忘れずにいることです。女を捨てたら見向きもしてくれなくなってしまいそうなので」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

いつまでも女でいるという気持ちを忘れないことも、夫に大事にしてもらうためには必要なこと。自宅ではスッピンでヨレヨレの部屋着というのでは、女性として見てもらえなくなりそう。夫のためにオシャレするという気持ちを忘れないでいたいですね。

■会話をする

・「会話を大切にする。常に楽しい話をしてお互いに楽しく過ごせるようにしている」(34歳/その他/その他)

・「おもしろいことを言う。天然ぶるわけではなく、おもしろい返しをしたり、相手のノリに合わせたり。夫は私のおもしろいところが好きらしいので」(31歳/その他/その他)

夫婦仲を円満にする秘訣は会話。どんな小さなことでも相談し合える夫婦は、何年経っても仲よし夫婦でいられそう。仕事から帰ってきた夫を明るい笑顔で迎えて、一日の出来事を話すという習慣を忘れないようにしたいですね。

■おいしい料理を作る

・「必ず手料理を作ること。お総菜や出来合いのものは出さない」(28歳/その他/その他)

・「毎日おいしいご飯を作って一緒に食べること。胃袋を掴むのが大事だと思う」(27歳/その他/その他)

男心を掴むには胃袋からとも言われますが、それは結婚してからも同じ。おいしい料理を作って待っている妻がいると思えば、夫も早く帰宅する努力をしてくれそう。忙しいときも料理だけは手抜きしないことが大事なようですね。

■ありがとうと言葉で伝える

・「ありがとうやごめんねを言う。相手は悪い気がしないから、やさしくしてくれる」(32歳/学校・教育関連/その他)

・「日々大好きという。感謝の気持ちは口で伝える」(32歳/その他/その他)

感謝の気持ちや謝罪は相手に伝わらなければ、どんなに思っていても意味のないことになりそう。きちんと言葉にして「ありがとう」や「ごめんなさい」と言うだけでも、愛情は伝わるはずですよね。

■たまに甘える

・「不機嫌になることもあるけど、笑顔になれるように、ときどき甘える」(25歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「たまに甘えて弱いふりをして、あなたがいないと何もわからないというそぶりをする」(29歳/その他/その他)

夫の男性としてのプライドをくすぐるためには、たまにかわいく甘えてみるのもいいかも。本当はできることでも夫にやってもらえば、夫としても頼られているといううれしさを感じるかもしれませんね。

■まとめ

夫婦といえども、あくまでもひとりの人間として尊重する気持ちを忘れないこと、いつまでも愛される努力をすること。夫婦円満でいるためには、それぞれが気遣いや努力をすることが大事なようですね。ずっと一緒にいても、いつも新しい魅力を感じさせてくれる妻なら、夫から飽きられることはなさそう。妻であり、母であると同時に、夫にとって永遠の恋人であることも必要かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月8日~12月12日
調査人数:100人(23歳~34歳の既婚女性)

お役立ち情報[PR]