お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド 女性の身体

温水洗浄トイレの使用時間は平均●●秒! 約8割の人が洗いすぎに

gf1120309497w-400x299

王子ネピアは、20代~40代の一般男女600名を対象に「おしりやデリケートゾーンのケアに関する意識調査」を実施した。調査の結果、おしりやデリケートゾーンのトラブルに多くの人が悩まされるなか、おしりやデリケートゾーンをお風呂やトイレで洗いすぎている実態などが明らかになった。

■温水洗浄トイレの使用時間は平均23秒! 使用者の約8割が洗いすぎに

03

おしりやデリケートゾーンのケアとして温水洗浄トイレで洗っていると回答した人は264名(44%)で、そのうちの約8割(206名)は1回あたりの使用時間が10秒以上と「洗いすぎ」が一般的になっている傾向が明らかになった。使用時間の平均は23秒に上り、なかには洗浄用途を大きく逸脱した60秒以上の使用も約1割(23名)見られた。

■自宅以外の温水洗浄トイレでは「洗わない」人が多い

04

加えて、温水洗浄トイレの使用者にトイレの場所ごとの使用状況について聞いたところ、自宅での温水洗浄トイレの使用は約9割に達するものの、外出先では「ホテルや旅館」「職場や学校」「デパートやショッピングモール」が5割前後、「スーパーやコンビニ」「知人宅」「駅」が3割前後と、使用率が大幅に下がった。外出先での温水洗浄トイレの使用に抵抗感があると考えられ、前項の使用時間の「洗いすぎ」の傾向と比べて、自宅と外出先でおしりやデリケートゾーンのケアが極端に異なる結果となった。

(マイナビウーマン編集部)

お役立ち情報[PR]