お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

めんどくせぇぇえ! 付き合うと急激にうんざりする恋人とのやりとり・6つ

ファナティック

imaric20160805310323_tp_v

付き合うまでは苦もなくできたのに、付き合ってからは「昔みたいにはできないな……」と思う、面倒なこともたくさん増えますよね。そこで社会人女性に付き合ってから急に面倒くさく感じはじめた、恋人とのやりとりや言動について教えてもらいました。

■デートプランを決められない、彼氏の優柔不断さが面倒くさい!

・「付き合う前はデートの場所とか色々リサーチしてくれて、送り迎えしてくれて、付き合ってからは、『どこ行く?』『何する?』が多くなったこと」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「決められない性格で、何かと『どうしよー』『どうする?』『どうしたい?』が多い」(29歳/その他/販売職・サービス系)

付き合い始めは問題なかったのに、ある程度デートを重ねるとあらわれだすのが「彼氏の優柔不断さ」。たまには初心に帰って、自分でプランを考えてほしい!

■束縛がときめきから苦痛に変わった

・「返信が遅いと、電話とかLINEが結構きてるとき。夜遅いから会えないと言っても夜中に家の前に来ること」(29歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「束縛。それほど好きになってくれたと思っていたが、あとからはもう苦痛でしかない」(29歳/電機/事務系専門職)

最初は嬉しかった彼氏のヤキモチが、いつの間にか「きつい束縛」に変わってしまうことも……。受け止め方が違うだけで、感じ方は大きく変わります。

■仲良くなるためのツールはもう必要ないんじゃ?

・「公式のSNSのやりとり。他の人に見られるツイッターなどでは、やりとりしている意味がなく、直接話したりしたいと思って面倒になるときがある」(30歳/その他/事務系専門職)

・「付き合いが深まることで信頼関係が築けたので、メールや電話のレスポンスは付き合う前より必然的に面倒になった」(34歳/機械・精密機器/その他)

もうすでに信頼関係が築けている人との「公式SNSのやり取り」や「頻度の多いメール」は、なぜか違和感を覚えますよね。そこまでして繋がる必要性が感じにくい?

■頑固で意見を曲げないところが面倒くさい

・「どちらがお金を出すかの問題で結論が出ない。奢ってもらうのは付き合う前までだと思っているので必ず出すようにしているが、受け取ってくれない」(26歳/情報・IT/技術職)

・「とにかく頑固なところ。意見を曲げない」(28歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

そこに魅力を感じて付き合い始めたはずなのに、その部分が鼻につくようになるのも付き合い出してから。「長所と短所は時に同じ」ですね。

■何にもしてくれないところがイラッとして面倒

・「家での食事の後に食器を片づけないところ。最初は世話をできるのが嬉しかったが、今はそれぐらいしてと思う」(34歳/アパレル・繊維/クリエイティブ職)

・「自分が一番なところ。なんでも私がやってくれると思って何もしてくれない」(26歳/医療・福祉/専門職)

彼氏の世話を焼くのは最初は楽しいけれど、その内面倒になってくるもの。女性なら「あるある」ですよね。これが一生続くかと思うとテンションも下がります。

■相手に合わせるのがだんだん面倒に……

・「寝る時間を合わせること。まだ起きて何かやりたくても、『暗くしないと寝られない』と言われると、無理にでも合わせなくてはいけなくなる。自分のやりたいことをやりたいときにできないことが続くのはしんどい」(26歳/学校・教育関連/営業職)

・「相手の趣味に合わせたデートに行かないといけないこと。付き合う前は珍しくて行っていたけど、付き合うと嫌とは言えなくなってしまった」(32歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

相手に合わせて動くことも、最初は新鮮ですが徐々に面倒に……。この違いを埋めるには、自分が動くだけでなく「譲り合いの精神」が大事ですよね。

付き合う前は苦も無くできたことが、付き合い出すと「苦だけ」になるのもよくあること。何でもそうですが、無理は長くは続かないですよね。付き合ってから感じるようになった大変で面倒なことは、二人で話し合いながら解決していくしかないのかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年8月にWebアンケート。有効回答数202件。25歳〜34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]