お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

女を捨てるなーーっ! 女性が「あの人、おばさんだわ」と断定する言動・6つ

ファナティック

職場の先輩社員があまりにも女性を捨てていて、まるでおばさんのようと思っている人もいるのでは。できれば自分はあんな風になりたくないと思う人も多いかもしれませんね。女性に対して、「おばさん認定」するような行動や習慣を、同じ女性のみなさんに聞いてみました。

メガネの女性

■すっぴんで外に行く

・「すっぴんで平気で外に出るようになる」(28歳/自動車関連/技術職)

・「すっぴんで外を簡単に歩く人。服装に気を遣わなくなった人」(28歳/学校・教育関連/専門職)

すっぴん姿で外出できるようになると、おばさん化していると言えそうですよね。美に対して興味がなくなってくると、化粧も面倒に思えてしまうのでは。

■動くときに声が出る

・「『よっこいしょ』など言葉がおばちゃん」(26歳/情報・IT/その他)

・「立ち上がるときなどに『よいしょ』と言ってしまう」(23歳/その他/事務系専門職)

何かをするときに、思わず「よっこいしょ」というかけ声が出ると、おばさん認定されてしまいそうですよね。知らないうちに、自然と出てしまうこともあるのが怖いところ。

■どこでも話す

・「まわりを気にせずぺちゃくちゃしゃべる」(31歳/その他/その他)

・「公共の場で大声で話す、グループ行動したがる」(26歳/医療・福祉/専門職)

まわりの迷惑を考えず、どこでも井戸端会議をはじめるようになると、おばさんと言われてしまいそうですね。他人への気遣いは忘れないようにしたいものです。

■自分本位になる

・「まわりのことが見えなくなって、自分本位になる」(32歳/団体・公益法人・官公庁/販売職・サービス系)

・「まわりを気にせず、自分が何でも合っていると思い込み行動をしている姿」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

何をするにも自分本位になってくると、おばさんのはじまりかも。「どこでも話す」ことに加え、まわりを気遣う余裕がないのは、悪い意味で鈍感になっているのかもしれません。

■恥じらいがなくなる

・「恥じらいがなくなってきたら。男子トイレにかまわず入るとか、どこでも値切ろうとするとか」(32歳/その他/その他)

・「恥じらいがまったくなくなってしまう」(29歳/その他/事務系専門職)

女性としての恥じらいがなくなってしまうと、すでにおばさん化しているかもしれません。図々しくなって、何でもありにしてしまう考え方が、おばさん化の傾向を加速させがちですよね。

■服装に気を遣わない

・「服装に気を遣わなくなっていく。仕事に普段着で来た人を見たとき」(28歳/金融・証券/営業職)

・「体型を隠す服ばかりになったり、楽なファッションになる」(26歳/情報・IT/販売職・サービス系)

服装に対して気を遣わなくなると、おばさん化している証拠かも。オシャレに対してアンテナを張れなくなると、一気におばさん化していきそうですね。

■まとめ

何ごとも自分のことを優先するようになったり、まわりの目線を気にしなくなってくると、おばさん認定されてしまうのではないでしょうか。いつまでも若さを保つには、外見以外にも自分の言動に気をつけなければなりませんよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月6日〜12月8日
調査人数:113人(22歳〜35歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]