お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

うざいっ!! 「マンスプレイニング」の意味と対処法

高見綾(心理カウンセラー)

ここ数年、ネットを通じて広まってきているマンスプレイニングという概念。男性が女性を見下しながら、偉そうに説明することを意味しますが、そういったことをされて嫌な気分になったことはありませんか? マンスプレイニングとはどういう意味か、なぜ男性はマンスプレイニングをするのか、また、された場合の対処法についてまとめました。いざ、そういう場面に出くわしたときに、賢く対処できるように参考にしてみてください。

「マンスプレイニング」とは

マンスプレイニングとは具体的にどういう意味なのでしょうか。マンスプレイニングする男性の特徴についてもご説明します。

「マンスプレイニング」の意味とは

マンスプレイニングとは、男性が女性を見下ろしながら、偉そうな態度でアドバイスや解説をすることを言います。女性は男性よりも無知であるという意識から、「君はこんなことも知らないのかい?」と、知識をひけらかすような場合に使います。この言葉はアメリカ人作家のレベッカ・ソルニットが2008年に発表したエッセイから生まれたとされています。man(男)とexplain(説明する)をかけ合わせた言葉で、欧米ではハラスメントの一種として社会的に知られています。日本ではここ数年ネットを通じて広まってきている概念です。

マンスプレイニングする男性の特徴

聞いてもいないのに教えようとする

マンスプレイ二ングする男性は、教えたがりです。女性が聞いてもいないのに話してきて、自分の優秀さをアピールします。

相手の気持ちを考えることが苦手

自分本位な発想をするため、女性がどう思うかといったことに気が回りません。

態度が大きい

自分を大きく見せるために、自然と態度が大きくなりがちです。大きな声で早口でまくしたてるなどして、相手を圧倒しようとします。

自慢が多い

自分の優秀さをアピールしたいため、自慢話が多くなります。「こんなことも知っている」と知識をひけらかす傾向があります。

次ページ:「マンスプレイニング」する男性の心理

SHARE