お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

マンスプレイニングとは? 男性の特徴と心理&撃退法

高見綾(心理カウンセラー)

上司や周囲の人のマンスプレイングが「うざい」と思った経験はありませんか? マンスプレイングとは、女性を見下して意見する行為。今回は、マンスプレイニングをしてくる男性の特徴と対処法を紹介します。言葉の意味を説明しながら、なぜそうした心理が生まれるのか、心理カウンセラーの高見綾さんが解説していきます。

ここ数年、ネットを通じて広まってきているマンスプレイニングという概念。あなたはその意味を知っていますか?

今回は、マンスプレイニングをする人の心理や撃退法を解説。いざ、そういった場面に出くわした時に、賢く対処できるように知識を身につけておきましょう。

マンスプレイニングとは

マンスプレイニングとは、具体的にどういう意味なのでしょうか。まずはその定義を理解していきましょう。

意味

マンスプレイニングとは、男性が女性を見下ろしながら、偉そうな態度でアドバイスや解説をすること

女性は男性よりも無知であるという意識から、「君はこんなことも知らないのかい?」と、知識をひけらかすような態度を指して使います。

語源

man(男)とexplain(説明する)をかけ合わせた言葉で、アメリカ人作家のレベッカ・ソルニットが2008年に発表したエッセイから生まれたとされています。

欧米ではハラスメントの一種として社会的に知られ、日本ではここ数年ネットを通じて広まってきている概念と言えるでしょう。

対義語は存在する?

では、マンスプレイニングに対義語は存在するのでしょうか。

現状は、女性が男性を見下しながら意見することに対し、マンスプレイニングのような造語(言うなれば“ウーマンスプレイニング”のような語)は作られていません。

とはいえ、性別によって振り分けをし、マンスプレイニングのような行為は一概に「男性がするもの」と言い切るのはとても乱暴です。他者へのリスペクトを持たないと、誰しもこうしたハラスメントの態度を取ってしまう可能性があることは忘れず肝に銘じておきたいところです。

▶次のページでは、マンスプレイニングをする男性の言動例を紹介します。

次のページを読む

SHARE