お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 金銭感覚

セレブぶっている女性の特徴6選

ファナティック

見えを張りたがる女性というのは、世の中めずらしくはありません。収入面では庶民なのに、セレブのようにふるまいたがる人に心当たりがある人もきっと少なくないと思います。そこで、女性たちに「庶民なのにセレブぶる人」の特徴について教えてもらいました。

バッグだけブランド品

・「服装とかがやけに派手だったり、鞄だけいいものを持っている女性」(24歳/医療・福祉/専門職)

・「バックだけ高級品を買っている」(22歳/自動車関連/秘書・アシスタント職)

バッグは一番ブランドがどこのものかわかりやすいもの。だからこそ、自分のことをセレブに見せかけたい人は、一点豪華主義でそこに気合を入れるのかもしれませんね。

リッチなランチ

・「ちょっと安そうな場所のランチに誘うと、『ここはちょっと~』と文句をつける女性がいるのだが、けっこう貧乏のくせにと思う」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

・「ランチのときには高級なレストランしか行かないと言っている女性同僚がいる」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

ディナータイムに高級レストランへは行けないけれど、サービス価格でやっているランチなら……というところでしょうか。ランチの時間にしか行かないこと自体が、逆に貧しさを感じさせるのかもしれません。

パートナーの収入自慢

・「旦那の給料だけを自慢してくる人」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

自分のことではなく、夫の収入を周囲に吹聴する人は、自分がそれだけリッチな人の妻であることを暗に言いたいのでしょう。でも、暮らしぶりまでセレブかどうかはわかりません。

友達の自慢

・「セレブな友達の自慢が多い。セレブになれないので、自分自身の話はあまりしない」(31歳/その他/その他)

自分は庶民だけれど、周囲にセレブが多いと、その人たちのことを話題によく出して、あたかも自分がその人たちと同等であるかのようにふるまう人も。最初は騙されても、すぐに見抜かれそうですね。

SNSで

・「ブログにセレブ自慢ぽい写真をよくアップする人。こういう人は、セレブにあこがれがあるからあえて『自分はセレブよ』アピールをする。本当のセレブは、ブログなんかで細々とアピールなんてしないから」(33歳/生保・損保/事務系専門職)

・「SNSでのアピールが不自然なほど激しい人。見えを張っていると思う」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

SNSでリッチな生活ぶりを写真などでアピールする女性も、セレブであるように自分を見せかけたいのでしょう。そういう投稿ばかりの人を見かけると、ちょっとうんざりしそうですね……。

 

<まとめ>

一見、セレブのように見えても、その実、虚勢を張った庶民であることもあります。隠そうと思っても、こういうものはちょっとした拍子にバレてしまうもの。バレてしまったら、大変な恥をかくことになりますから、見えを張らずに、自然体でふるまうことを心掛けたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月20日~2016年11月8日
調査人数:100人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]