お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

うわ、だっさ! 一緒に歩きたくない「男性の私服」6選

ファナティック

洋服の好みは人それぞれです。「ファッションのセンスが自分と合うな」と思えれば、相手への好感度も一気に高まるもの。反対に、「センスないな」と思ってしまうと……芽生えかけた恋心が一瞬で萎えてしまうことも! あなたが、一緒に歩きたくないと思う男性の私服はどんなものですか? 女性たちの赤裸々な意見をリサーチしてみました。

ジャージですか?

・「ヤンキーみたいな全身ジャージなこと」(33歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「ジャージの上下、スエットの上下。無理」(34歳/金融・証券/営業職)

女性と一緒に歩くのに、まさかのジャージ! 完全に「気合いが入っていない」ことが伝わってきます。自分がオシャレをがんばった分だけ、切なくなってしまうかも……? 残念ながら「次はない」と言えそうですね。

ボロボロ・ヨレヨレ……!

・「ボロボロのジーンズや毛玉だらけのセーターなど」(27歳/その他/専門職)

・「ヨレヨレの服の人。初めてデートする人がヨレヨレのワイシャツで、帰りたくなった」(33歳/生保・損保/事務系専門職)

ボロボロやヨレヨレの服には、「なぜそれをチョイスしたの?」と問いかけたくなってしまいます。自分の洋服に手間暇かけられない人は、周囲の目線にも無頓着な人。お付き合いをする上でも、アレコレと苦労することが多いのかもしれませんね。

キャラクターもの

・「キャラクターの絵柄が入った奇抜なファッションをしている男性」(25歳/その他/専門職)

・「キャラクターのプリントが入ったトレーナー。ダサい」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

キャラクターの絵柄が入った洋服は、周囲の目を引くもの。しかしだからこそ、オシャレに着こなすためには相当なセンスが必要となります! 大人のキャラクターチョイスはかなり難しいことを、しっかり頭に入れておいていただきたいものです。

短パン

・「タンクトップに短パンのようなリゾート着。ダサいから」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「半ズボン。太ももが見えていて、下着が見えそうなのは困ります」(32歳/学校・教育関連/その他)

近年は「男性のオシャレアイテム」として短パンを取り入れる方も増えていますが、「実はNG」と考える女性も多いことがわかりました。街中のオシャレデートでこんな格好をされても……周囲の目線がイタイです。

目立ちすぎる服装

・「ホスト系の服装。目立って仕方がない」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「ヤンキー系のチャラい服装。一緒にいて落ち着かない」(31歳/その他/その他)

・「ピンク色や赤色の服を着ていることです。派手な感じが苦手です」(33歳/ソフトウェア/事務系専門職)

あまりにも目立ちすぎるファッションは、街中の注目を集めてしまいそう。落ち着いてデートを楽しめないこともありそうですね。

逆にオシャレすぎても……!?

・「むだにブランドとか流行を意識した洋服」(27歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

オシャレに気を配って、流行のアイテムを身につけていても、「その雰囲気が好きになれない!」という意見もチラホラありました。「がんばりすぎています!」という雰囲気は、どこかナルシスティックなもの。だいぶ引いてしまうのかもしれませんね。

まとめ

もしも好きな人が、デート現場にこんなファッションで登場したら……どう反応するべきか、困ってしまいそうですね。「私はこんな雰囲気が好き!」と自分の好みをさりげなくアピールするしかないのかも!? 「うわっ!」と思ってしまったら、さりげなく思いを伝えるための努力を開始しましょう。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月10日〜11月21日
調査人数:106人(22歳〜34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]