お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

できれば聞きたくない夫の口癖・6選

ファナティック

人にはいろいろと口癖があるものですが、一緒に暮らしている旦那さんの口癖となると聞く回数も増えるので、聞いていて不快な口癖はできれば直してもらいたいですよね。今回は、旦那さんの口癖の中でも「できれば聞きたくない」と思うものについて、女性たちに聞いてみました。

気のない返事

・「『あ、そう』と興味なさそうに言われるとムカつく」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「『へー』っていうあいまいなあいづちです」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職

きちんと話を聞いていないことがわかる曖昧な返事や適当なあいづち。家ではのんびりしたいのもわかるけれど、大事な話をしているときにも同じように気のない返事を返されると自分を軽く見ているのかという気にもなりますよね。

「めんどくさい」

・「『めんどくせえ』です。大変なことはあるけど、協力してやるから言わないでと思います」(24歳/その他/営業職)

・「『やりたくない・面倒だ』と言うセリフはあまり聞きたくないです」(32歳/その他/その他)

何をするにしても「めんどくさい」。自分がしないといけないことも「やりたくない」。実際、やらないといけないことなら、余計なことは言わずに黙ってやってくれればいいのにと思う人も多そうですね。

「疲れた」

・「『疲れた』。自分もなんだか疲れる気がするから」(32歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)

・「『仕事が疲れたー』という不必要なアピール」(29歳/学校・教育関連/事務系専門職)

一日、働いて帰ってきた旦那さんが疲れているのは言われなくてもわかっているし、自分も働いているから疲れているのは同じ。旦那さんの口から「疲れた」と聞くたびに、どんどん疲れが増していくような気にもなりそうです。

会社の愚痴

・「会社の愚痴をぶっちゃけ聞きたくない」(26歳/自動車関連/事務系専門職)

・「仕事の愚痴。こっちまで不快になることが多いから」(28歳/商社・卸/技術職)

会社では部屋なことを言えないので、家で仕事の愚痴を言いたくなるのは理解できるとしても、正直「聞いてもわからない」と思う女性も。愚痴るだけで旦那さんはスッキリするのでしょうが、奥さんのストレスはたまっていきそうですね。

ほかの奥さんと比べる

・「『○○さんの奥さんは料理上手なんだ』と言われるのが嫌。遠回しに自分が下手だと言われているみたいでいやだったから」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

・「『お前はだからこうなんだよ』と、ほかの奥さんと比べられるとき」(34歳/医療・福祉/専門職)

ほかの家庭の奥さんと比べるような注意の仕方は、イラッとするので素直に聞く気にもなりませんよね。ほかの女性を引き合いに出すというのは、奥さんに失礼だということがわかっていないのでしょうか。

家事にケチをつける

・「散らかってたら『何だコレ』。掃除が行き届いていないと『何だコレ』と言う」(24歳/情報・IT/技術職)

・「『ご飯まだ?』と言われると、自分で作って、と思う」(31歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

家事は奥さんがやるのが当然とばかりに、自分は何もせずにケチをつけるだけ。専業主婦で家のことに専念しているならまだしも、共働きでこれを言われると「じゃ、自分で全部やれば?」と逆切れしたくなりそうです。

まとめ

旦那さん自身は意識していない、悪気はないと思ってもやはり気になる口癖というのはあるようです。これ以外に「『やっぱり嫌いかも』。ショックだから言わないでほしい」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)と奥さんを傷つける言葉や「『ダメじゃない?』と何でも『ダメ』だと決め付けた言い方をする。ネガティブな考えを押し付けてきて気持ちがめいる」(29歳/ソフトウェア/技術職)などの否定的な言葉もできれば聞きたくないもの。あなたがパートナーから聞きたくない口癖はありますか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月25日~11月15日
調査人数:107人(22歳~34歳の女性)

※この記事は2016年11月18日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE