お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ハマってる!? ドラマで話題の「契約結婚」について、男性が思うこと・6つ

ファナティック

「契約結婚」とは、家事を仕事としてお給料をもらう架空の結婚のこと。現在、それを題材にした漫画原作のドラマが放送中ですが、「契約結婚」について、社会人男性はどう感じているのでしょうか? こっそり本音を聞いてみました。

ひとつの形としてあり!

・「結婚もひとつの契約だと思うし、共感できる部分もある」(39歳/警備・メンテナンス/経営・コンサルタント系)

・「結婚の形のひとつとしてありだとは思う」(37歳/商社・卸/営業職)

結婚でお互いに求められるものといえば無償の愛と思いがちですが、実際の結婚ではかなりお金がかかりますよね。金銭のからんだ契約という意味では、「契約結婚」と通じるところがあるかも?

本当にあったらおもしろい!

・「現実ではなかなかありえないと思うけど、おもしろい設定だとは思う」(31歳/情報・IT/事務系専門職)

・「現実にあってもいいと思う。自分には無理そう」(35歳/建設・土木/技術職)

「契約結婚」はあくまでフィクション。実際に男性と同居しながら家事の対価を受け取るケースは現実にはなさそう。でも設定に興味を惹かれている男性は多そうです。

普通の結婚でいいかも

・「普通の結婚をすればいいのに、と思う」(37歳/金融・証券/事務系専門職)

・「夫婦ではないので、扶養控除や手当てでお金をもらうと詐欺罪にあたる可能性があると思う」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

事実婚の形はとっていても、未入籍のまま。既婚者向けのサポートも受けられるかどうか微妙ですし、実際にするなら普通の結婚がいいかも……。

プロレベルならOK!

・「お給料をもらえるレベルで、家事をこなせるのならいいと思う」(32歳/運輸・倉庫/営業職)

・「プロとしてのレベルで仕事がこなせるのであれば、あり」(38歳/ソフトウェア/技術職)

現在でも家事手伝いやハウスキーパーという職業はありますよね。もし「契約結婚」という形をとって家事の対価を払うのならば、それだけでも食べていけるほどの技量を求めたいかも。

家事にお金を払いたくない!

・「対価を払うのは理解できない。家事も仕事だが収益でなくコストである」(33歳/電機/営業職)

・「金を払うぐらいだったら自分でやる」(37歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

中には、家事を仕事とすることに賛成しない男性も。誰かにお金を払って家事をしてもらうことに対して、抵抗がある人もいるようです。

本人がよければ……

・「当の本人がよければそれでいいのではないか」(33歳/運輸・倉庫/営業職)

・「当人同士がそれでよければいいのでは?」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

「契約結婚」そのものからは距離を置いて、本当に「契約結婚」する人同士がよければ是非は問わないという人もいました。たしかに、いろいろな形の結婚があってもいいはずですよね。

まとめ

話題沸騰中の「契約結婚」ですが、結婚の形式としてありだと思う男性がいる一方、本当に家事の対価を払うべきか疑問に思う男性も。ほかにもさまざまな意見が集まりそうな「契約結婚」。ドラマも中盤を迎え、どう展開していくのか目が離せないですよね。みなさんはどう思いますか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月2日~11月3日
調査人数:403人(22歳~39歳の男性)

※この記事は2016年11月16日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE