お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

クチャラー、ペチャラー……! 男子がドン引く「ふるまい」6選

ファナティック

美しい女性におならは似合いませんが、男性が、そんなことは比でもないくらい下品だと感じる言動もあるようです。今回はそんな女性の下品な言動について、働く男性の意見をまとめてみました。

食べ方が下品

・「食べ方が汚くペチャラー、食べ終わった皿にご飯つぶがたくさんついてたら引く」(27歳/自動車関連/技術職)

・「食べかすをボロボロこぼして食後のゲップ」(33歳/情報・IT/販売職・サービス系)

クチャラー、ペチャラー、シーハーに加え、残さずきれいに食べることができないこともマイナスポイントのようです。食べ方が下品では、食事に誘っても2回目以降は断られてしまうかもしれません。

公共の場での化粧が下品

・「出勤中に、車内や、バス、電車内での化粧直し」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「電車の中での化粧などまわりを考えない行動」(34歳/警備・メンテナンス/その他)

どうしても時間がない朝、つい通勤の電車内で化粧をしてしまうことはありませんか? 自分が思っている以上に男性からは不評なようです。化粧は済ませてから家を出ましょう。

おばちゃん笑いが下品

・「手や机をたたいて笑っているとき」(31歳/警備・メンテナンス/その他)

・「手をたたいて大声で笑う姿はあまり見たくありません」(27歳/情報・IT/その他)

手をバンバンたたきながら大声で笑う姿は決して美しいとは言えません。男性はよく笑う女性が好き。ですが笑い方が下品であれば逆効果です。

言葉遣いが下品

・「『あいつってさー』というような、TPOをわきまえない。女子高生やギャルのような言動」(32歳/情報・IT/技術職)

・「タメ口のひどい女、その場にいてほしくない」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

若いうちなら許される言葉遣いも、ある程度年齢を重ねると白い目で見られることもあります。一緒にいるのが恥ずかしいと思われたくないのなら、大人としての言葉遣いを心掛けた方がいいかもしれません。

大開脚が下品

・「大また開いていびきかいて寝ている」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

・「開脚をしてまわりにひかれそうな雰囲気を出してくる」(23歳/その他/その他)

いつも膝をしっかりと閉じているのはけっこう大変ですよね。ですが男性の前にいるときくらいは大開脚はやめた方がよさそうです。色気も何もない女性だと思われてしまうかも。

性格が下品

・「クソという言葉を多用したり、不満や悪口、誹謗中傷など」(33歳/運輸・倉庫/専門職)

・「酒乱。少なくとも酒を飲んで暴言をいう行為は遠慮願いたい」(30歳/自動車関連/技術職)

実はけっこう見られている日頃の行動。どんなに繕っても、ふとしたときに本性が出てしまうので、普段から気を付けることが大切ですね。

まとめ

男性に引かれたくない一心で品のある女性を目指しても、ハリボテは長続きしません。思わぬところでマイナスイメージを持たれないよう、下品な言動は極力慎みたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月21日~10月23日
調査人数:185人(22歳~34歳の男性)

※この記事は2016年11月15日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE