お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男性に聞いた「女性に対してM? それともS?」

ファナティック

SMというと本来はマニアックな性質を表す用語ですが、ちょっといじわるな人をS、いじめられやすい人をMということが多いですよね。そこで今回は社会人男性のみなさんに、女性に対して自分はMかSか、普段の様子とあわせて聞いてみました。

<女性に対してM!>

■女性には弱い

・「Mだと思う。女の人に対してあまり強気になれないので」(38歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「M、普段はクールな分、好きな人には甘えたいから」(29歳/自動車関連/技術職)

男性とは対等に渡り合える人でも、女性となると弱気になってしまうようです。もともとやさしいタイプの女性が相手なら、必要以上に強気でいる必要はないのかもしれませんね。

■強気な態度にメロメロ?

・「Mだと思います。基本言われたことに関して逆らうことはないから」(39歳/医療・福祉/営業職)

・「M。つい押し切られると何気に心地よく感じる自分がいる」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

女性にわがままを言われても、つい聞いてしまう男性もいるのではないでしょうか。強気な女性からは変な要求をされても、聞いてしまいたくなるような安心感があるのかもしれませんね。

■いじめられたい!

・「Mだと思う、いじられるほうがいい」(35歳/医療・福祉/専門職)

・「Mになる。いろいろと攻められるとうれしい」(34歳/医療・福祉/専門職)

我こそはMという感じですね。女性からいじめられるのが好きというなら、どう見てもMかもしれません。Sっ気のある女性と相性がいいでしょうね。どんなことをしてほしいのでしょうか。

<女性に対してS!>

■従順な女性が好き

・「普段は癒やし系と言われますが、ドSになって女性を従順にさせます」(38歳/小売店/販売職・サービス系)

・「S。普段からS。従順な女性が恥じらいながらも言うことを聞くのがいい」(36歳/人材派遣・人材紹介/その他)

自分に対して従順な異性がいると、なんだかんだでうれしくなる人もいるのではないでしょうか。一夜を過ごすときは男性が積極的になることが多いですから、それも影響するのかもしれません。

■攻めたい!

・「S。自分自身、女性の体を触ったり舐めたりするのが好きだから」(37歳/印刷・紙パルプ/その他)

・「Sだと思う。女性を攻めて興奮することがあるので」(36歳/機械・精密機器/技術職)

体の関係をもったとき、女性の体を積極的に攻めるのはきっとSですよね。女性に求められてするのではなく、男性が好きでやっているという感じがSっぽいのではないでしょうか。

上に立ちたい

・「Sだと思う。自分より下だと思っているから」(28歳/運輸・倉庫/その他)

・「どちらかといえばSかな。けっこう命令口調」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

女性に対しては上から目線になってしまう人も。とはいえ、女性がイヤがれば成り立たない上下関係。一見イラッとしますが、好きな女性に甘えているだけかもしれませんね。

まとめ

男性は、女性に対してこのような理由でSやMになるそう。どちらがいいというものではありませんが、身近な男性がどんな気持ちで、ああいった態度をとるのかもと想像すると楽しいかも。自分がMだと思っていても、意外なところでSぷりが発揮されてしまう、なんてこともありそう! あなたはどちらの傾向が強いですか!?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月2日~11月3日
調査人数:403人(22歳~39歳の男性)

※この記事は2016年11月14日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE