お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

他人のスマホ画面に驚いたこと・6選

ファナティック

電車の中でちらりと見えてしまった他の人のスマホ画面。見ようと思っているわけでなくても、身動きのできない車内ではいやが応でも視線がそちらを向いてしまうことがありますよね。今回は、他人がスマホで見ていてギョッとさせられたものについて、男性たちに聞いてみました。

出会い系の待ち合わせ連絡

・「出会い系サイトで待ち合わせの連絡といかがわしい文章が見えたときにはぎょっとした」(35歳/学校・教育関連/専門職)

・「出会い系で待ち合わせの連絡をして、いかがわしいことをたずねる文章を送っている姿を見てしまったとき」(35歳/学校・教育関連/専門職)

明らかに出会い系と思われる相手との待ち合わせ連絡。それをやり取りしている人が、そんなこともしそうにない相手だと余計にギョッとしてしまうかも。見てはいけないものを見たと思う瞬間でしょうね。

隠しても見えている大人の漫画

・「アダルトな漫画。そこまでして見たいのかって」(35歳/その他/その他)

・「隠しながら見てるけど、後ろのガラスに反射してみんなに見られちゃってる大人の漫画」(29歳/人材派遣・人材紹介/技術職)

本人は隠しているつもりでも電車のガラスに映って画面が丸見え。そこにアダルトな漫画が映し出されていたら、見せられた方も嫌な気分になりそう。夜間の電車では背後にも注意を払ってほしいですよね。

年齢に見合わないゲーム

・「おっさんが萌え系のゲームをしていた」(35歳/その他/その他)

・「明らかに60はすぎているだろうおばちゃん?が乙女ゲームをやってた」(33歳/その他/事務系専門職)

暇つぶしにスマホでゲームをする人は多いですが、かなり年齢の高い人がゲームをしているというのはビックリするかも。その内容がかわいらしすぎるものだとほほ笑ましいような痛いような複雑な気分にさせられそうです。

グロテスクな画像

・「マニア向けの動画、一般の人は見ない動画」(34歳/情報・IT/技術職)

・「グロテスクな画像を見たとき……」(27歳/情報・IT/営業職)

一部で愛好家というのがいるのは知っていても、自分では好んで見ることもないグロテスクな画像。こういうのを見る人に対する偏見もあるせいか、「目の前にいる人が……」と思うとゾッとしてしまいますよね。

ホラー映画

・「ゾンビ映画。気持ち悪くて意味がわからない」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「ホラー画像をまじまじと見続けていた」(34歳/医療・福祉/専門職)

電車の中でも見たいほど好きなのだろうとは思うものの、自分には理解しがたいホラー映画を見ている人にギョッとしてしまったという男性も。でも、実は一人で見るのが怖くてまわりに人がいるときに見ているのかもしれませんね。

アダルト動画

・「アダルトな動画を再生していた。さすがにイヤホンはしていたが」(32歳/情報・IT/技術職)

・「DMMアダルトのサンプル動画を再生していたオジサン。自分と趣味が似通っている事もあり、ドキッとした」(25歳/建設・土木/営業職)

そこまでして見たいのかと同性ながらあきれる人もいるアダルト動画。男性なら見たい気持ちは理解できるのでしょうが、大勢の人がいる電車の中で見るという心境については、賛成できないようですね。

まとめ

テレビを見たり、ゲームをしたりと電車の中でスマホ画面をのぞき込んでいる人は少なくありませんが、その画面の中は人それぞれ。もちろん、見ようと思ってわざわざのぞき込むような失礼なことをする人はいないでしょうが、不意に見えてしまうというのは混んだ車内ではありがちなこと。見られて恥ずかしい思いをしないためにも、人に不快感を与えないためにも車内で見るものについても気遣いは必要かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数199件(25歳~35歳の働く未婚男性)

※この記事は2016年11月14日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE