お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

やめてくれぃっ! 一緒にいて穴があったら入りたくなってしまう、彼女の言動・6つ

ファナティック

恋人が人前で恥ずかしいことをしていると、一緒にいる自分までダメージを受けますよね。穴があったら入りたくなってしまうようなことを彼女にされたこと……。早速、社会人男性の意見を聞いてみました。

店員にクレーム!

・「オーダーをまちがえた店員にブチギレていたとき、一緒にいたくないと思った」(27歳/小売店/事務系専門職)

・「お店の商品に対して、いきなりその場でクレームをつけること」(34歳/情報・IT/営業職)

店員にオーダーミスされたり、お店の商品に欠陥を発見したときは腹立たしくなりますよね。ですがその場で怒鳴ったりすると、後でなぜあんなことをしてしまったのかと、悔やむことになりそうです。

べろんべろんに酔っぱらう

・「べろんべろんに酔っぱらって、まわりに迷惑をかけているような姿は見たくない」(27歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「酒を飲んでべろんべろんになること」(37歳/小売店/営業職)

べろんべろんに酔うとは相当飲まないと無理な状態ですよね。彼氏が一緒にいることで安心したのかもしれませんが、酔っぱらいは概してまわりの人に迷惑をかけるもの。いつも通りには愛せません。

方言を使う

・「たまに関西なまりが出るとき。語尾に出る」(39歳/金融・証券/事務系専門職)

・「方言が強い人なので、他県にいるときは少し恥ずかしい気がする」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

方言は生まれ持ったものです。ですから地方出身の人が都民に言葉がヘンだと指摘される場面は心苦しいですが、彼女に方言を使わないようお願いするのは彼氏のやさしさかもしれませんね。

オナラをする

・「オナラを平気でぷうぷうすること」(37歳/建設・土木/営業職)

・「オナラを我慢していたが、ついつい出てしまったとき」(35歳/医療・福祉/専門職)

人前ではオナラを我慢できる彼女なのに、彼氏の前では遠慮なし。そんなときは、自分も人なのになと思うかもしれませんね。オナラはできるだけひとりのときか、トイレでしたほうがいいかも。

泣き叫ぶ

・「スノボーしててリフト待ちのときに、泣き叫びながらケンカして来たとき」(29歳/自動車関連/技術職)

・「怒ったときに平気で大声で泣いて怒ってくる」(36歳/機械・精密機器/技術職)

泣き叫ぶまでケンカすること、大人になるとそうそうないですよね。そこまでのレベルだとよっぽどのことなのかも……!?

もしかして、おバカ……?

・「漢字の読み方を思いっきりまちがえている」(38歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「明らかに教養がないとわかるような話し方」(33歳/運輸・倉庫/営業職)

ちょっとした天然なら大丈夫でも、彼女に度の過ぎたおバカを間の当たりにされるとつらそうですね。彼女の教養のなさをバカにしているのではなく、彼女だからこそ気になるのかも。

まとめ

一緒にいて穴があったら入りたくなってしまう、彼女の言動について、さまざまな意見が寄せられました。ほかに、「クセなのだろうけど、食べ物のニオイをかぐ行為。普段の何気ない料理でもそうだった」(37歳/情報・IT/技術職)という報告も。上品ではない行動ですよね。無意識なことが彼氏の記憶に残ってしまっている場合もあるので、気をつけたいですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月20日~10月21日
調査人数:394人(22歳~39歳の男性)

※この記事は2016年11月12日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE