お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

……セコくね!? お金のことで彼女に対して悶々と思っていること・6選

ファナティック

お金の使い方や貯め方には個人差がありますよね。愛する女性といえども、その金銭感覚はどうなのかと思うことはありませんか? 今回は社会人男性に、お金のことで彼女に対して悶々と思っていることを聞いてみました。

無駄遣いが多い

・「無駄遣いが多い気がする。物を大切にしているのか疑問」(36歳/機械・精密機器/技術職)

・「無駄遣いの多さが気になる。貯蓄に回してほしい」(29歳/医療・福祉/専門職)

彼女が使うお金に対して、無駄遣いをしていると思っている男性です。無駄遣いが多いと、パートナーのお金の使い方に対して、親のように叱りたくなってしまうこともありますよね。

交通費を出してほしい

・「ガソリン代や高速代を出してくれない。タクシー代わりに使おうとする」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「私の車で出かけているときにガソリン代、駐車場代、高速代など一切払おうとしないこと。車の経費は全部、私持ちのようになってしまっている」(27歳/金属・鉄鋼・化学/販売職・サービス系)

車を所有していないと気付きにくいかもしれませんが、マイカーにはお金がかかるもの。交通費が彼氏持ちになっているのなら、ちょっと乗せてもらっているだけなのに!と思わず、少しは負担したほうがいかも?

高額出費が気になる

・「ブランドものに興味を示す意味がわからない」(29歳/電機/技術職)

・「見積もりを十分にせずに高額なものを購入したり、相手の言い値で値切ろうとしないことなど」(38歳/学校・教育関連/事務系専門職)

ブランドものの品質は確かですが、値段の高さをイヤがる男性もいますよね。なぜ高額なものを欲しがったり、安くしようとしないのかと、彼女に対して言いたいことがあるようですよ。

ケチかも?

・「大雑把な性格だと思わせておいて、意外とせこい部分が見えるとき」(39歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「意外とケチで、お金の使い道にうるさい」(37歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

彼女の無駄遣いを問題視する男性がいる一方、自分のお金の使い方に対して彼女からケチをつけられている男性も。付き合ってみてはじめて倹約家と発覚することもありますよね。

お金は払ってあげるけど……

・「何でもかんでも買ってもらえると思っている」(36歳/小売店/販売職・サービス系)

・「支払いは全部男主義はいいが気遣いがないのがイヤ」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

デート代やプレゼント代などを全額負担するのは構わないという男性から、彼女の気遣いのなさを指摘する声もありました。彼氏でも、何かしてもらったらそれなりの反応はしたいですよね。

「おごられて当然」はNG!

・「食事はおごってもらって当然というのはやめてほしい」(37歳/商社・卸/営業職

・「食事の際、だんだんとおごられることが当たり前になっているところはどうかと思う」(37歳/警備・メンテナンス/販売職・サービス系)

食事代を自分が払わなければならないとは微塵も思っていない彼女。ある意味かわいらしいですが、いつも彼氏に当然のように食事をおごってもらっていると、感謝を忘れがちですよね。

まとめ

お金についての指摘は、恋人同士でもなかなかしづらいですよね。特に、お金を払ってほしいとは言いにくいものです。でも長く一緒にいようと思う相手なら、思い切って話してみることも大切なのかも。お金のことで悶々として彼女を悪者にするより、きちんと話し合ってルールを決めるといいかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月2日~11月3日
調査人数:403人(22歳~39歳の男性)

※この記事は2016年11月11日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE