お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「やめて!」と言いつつ、実は好きなスキンシップ6つ!

ファナティック

彼氏からのスキンシップはどれもうれしいものですが、時と場合によっては「やめて」と言ってしまうことがありますよね。でも「やめて」と言いながらも、実はドキドキするスキンシップがあるようです。どんなスキンシップなのか、働く女性のみなさんにアンケートで聞いてみました!

子どもみたいでイヤだけど……

・「頭をポンポンとされることはドキドキする」(30歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「頭ポンポン。子どもみたいでイヤだとも思うけど、その反面やっぱりキュンとする」(24歳/金融・証券/その他)

「頭ポンポン」は根強い人気があるようです。「子どもみたいでイヤ」だと思う反面、キュンとしますよね。彼氏ではなく好意を持っている男性だったら、さらにドキドキしそうです。

実はちょっとうれしい!

・「お腹の辺りを触られること。出ているからやめてほしいけど、気持ちいい」(28歳/建設・土木/事務系専門職)
・「お尻を触ってくること。やめてと言いながらもちょっとうれしい」(27歳/医療・福祉/専門職)

お腹やお尻を触られるとつい「やめて」と言ってしまいがち。でも実は、ちょっとうれしいのが女心のようです。女性として見てもらえている証拠なので、共感できる人も多いのでは?

ドキドキする!

・「腰に手を回されるとドキドキする」(27歳/その他/専門職)
・「腰の辺りにタッチしてくる。腰に触れてくると、ドキッとなるから」(30歳/電力・ガス・石油/秘書・アシスタント職)

「腰に手を回される」のは、できれば人前では避けたいもの。でも内心はドキドキしますよね。普段はあまり触られないパーツなので、ドキドキ感がいつもより大きくなりそうです。

やめてほしいけど楽しい!

・「ぎゅっと抱きしめてそのまま脇をこちょこちょ」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)
・「くすぐられること。やめてほしいけど、ちょっと楽しい」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

くすぐられるとどうしても「やめてー!」と言ってしまいますよね。やめてほしいけど、じゃれあっているときが楽しかったりするので「やめてほしいけど楽しい」と思う人は多いようです。

誰かに見られるかも!?

・「大勢の人の前でハグされたり、キスされること」(25歳/その他/専門職)
・「人が来そうなところでイチャイチャしてくること」(33歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

人が大勢いるところでハグされたりキスされると、まわりの視線が気になりますよね。また、いつ人が来るかわからないところでイチャイチャするのは、スリルがあるのでやめたいけどやめられないのかも?

後ろからハグされると愛情を感じる!

・「後ろから抱き着いて来る。新婚さんっぽいので」(26歳/医療・福祉/専門職)
・「料理中に後ろから抱きしめてくれる。彼の愛情を感じてドキドキするから」(29歳/ソフトウェア/技術職)

不意打ちで後ろからハグされると、いろいろな意味でドキドキしますよね。料理中だと危ないので「やめて」と言いたくなりますが、抱きしめられると彼の愛情を感じるので抵抗できなさそうです。

まとめ

「やめて」と言いながら実はドキドキしているスキンシップとして、お腹やお尻を触られたり、くすぐられたりなどが挙げられました。どれも相手の愛情を感じられるものばかりです。でも本当にやめてほしいときもあるので、男性にはその違いをその場で見極めてほしいですね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数126件(22~34歳の働く女性)

※この記事は2016年11月10日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE