お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【マネーレッスン】倹約家の女性が浪費家の男性と結婚して、うまくいくの?

やさしいマネーレッスン

ヤマダケイコ/六識

浪費家男性に貯金させるには

編集部  もうひとつ気になるのが、かにこさんが何のために貯蓄をしているのかわからないこと。がんばっていらっしゃるのはわかるのですが、目的はなく「貯めるために貯めている」ように見えます。

風呂内 将来のいろいろな可能性を広げてくれるという意味では、貯蓄は多ければ多いほどいい。だから、かにこさんが「30歳までに1000万円」という目標を持ってがんばっていらっしゃるのは、素晴らしいことだと思います。

ただ、彼もかにこさんと同じ思いで貯蓄をしてくれるわけではないですよね。ですから、今、彼の意識が貯蓄にいっていないなら、かにこさんが「結婚資金は●万円必要だよね」「新婚旅行に行きたいから●万円くらい欲しいよね」と、目標づけしてあげるのがいいかもしれません。

そのほうが「私のように貯蓄してくれない」と彼に不満を募らせるよりも、気持ちがラクになると思います。

また結婚した後も、彼ときちんと話し合い、子どもの教育資金や住宅購入の頭金など共通の目標を立てて、貯蓄をしていく第一歩になるのではないでしょうか。

かにこさんの家計簿チェック

編集部 手取り月収約17万円の中で、7万円の「財形貯蓄」をし、実家に「家賃」として2万円入れてます。ご自身でも自覚されているように、非常に倹約家ですよね。さらに家計で見直すべきポイントはありますか。

風呂内 かにこさんは、支出は堅実すぎるくらいで、何もいうことがありません(笑)。あえて言うなら、「通信費・携帯料金」の約1万円を、格安スマホなどにすることで数千円減らせるかな、というくらい。

コンサートや映画のチケットなどが中心だという「旅費・娯楽費」も約1万5000円程度と、決して多い金額ではありませんし、「服飾・化粧品・美容費」にいたっては約3500円と、20代の女性にしては少ない方です。

むしろ、節約しようとするあまり、「友だちと外食するお金をもったいなく感じる」「彼のお金の使い方にイライラする」などアンケートに書かれていますが、ちょっと気持ちを追い込みすぎでは、と思う部分も。貯蓄のために人間関係がギスギスすることのないように、気をつけて。

◆今回のおさらい

貯蓄も倹約も、自分のやり方を、彼に押し付けすぎないこと。2人で目標を立て、お互いにフォローし合って家計管理を。

自分が倹約や貯蓄が得意だからといって、彼も同じように倹約や貯蓄をしてほしいと要求するのは酷。彼が貯蓄できない、貯蓄が少ない理由を、まず理解してあげることが大切です。貯蓄意識が薄いだけなら、結婚資金、新婚旅行の資金など、具体的な目標を立ててあげるのも手です。

結婚後は、夫婦の財布を一つにするにせよ、別にするにせよ、彼が浪費をし過ぎず、貯蓄がしっかり確保できる仕組みを作りましょう。妻の方が、倹約や貯蓄が得意なら、リードしてあげるのが得策です。

ただし、夫のお小遣いの使い方まで細かく口を出すのはNG。自由に使える部分も作るほうが、気持ちよく家計の倹約や貯蓄にも協力できるはず。

(ヤマダケイコ/六識)

バックナンバーはこちら

※この記事は2016年11月09日に公開されたものです

ヤマダケイコ/六識

お酒とコーヒーをこよなく愛するエディター&ライター。主に美容、カルチャーの企画を手がける。インタビュー好きで、特に記事にしづらい脱線話が大好物。将来は、故郷の名産・干物を絶妙の焼き加減で提供する“干物Bar”を開店し、サラリーマン&サラリーウーマンの愚痴を聞くのが夢。

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「やさしいマネーレッスン」をもっと見る

MORE

SHARE