お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

女性目線! ○○を意識!? モテる女が絶対しないこと・6選

ファナティック

女性から見ていてもうらやましい気がする、モテる女性。美人だったり、スタイルが良かったりと外見的な魅力もありそうですが、モテるための努力をしているという人も少なくなさそうですよね。今回は、モテる女性が絶対にしないだろうと思うことについて、社会人女性たちに聞いてみました。

人の悪口を言うこと

・「人の悪口をたくさん言ったりはしない。それは全部自分に返って来る気がするから」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「他人の悪口やうわさ話で盛り上がること」(29歳/機械・精密機器/技術職)

人の悪口を言うと自分にもそれが跳ね返ってくるし、人の悪口を言う人は他人から信用してもらえなさそう。モテる女性は自分にマイナスになるようなことをしそうにもないですよね。

愚痴を言う

・「愚痴や文句を言う。これだけで嫌な人に見てくるし、魅力的ではないので」(33歳/不動産/専門職)

・「男の愚痴を言うこと。あまり言いそうにないから」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

愚痴や不満を漏らすのは周囲の人から見ても魅力的には思えないもの。愚痴りたいときにもグッと我慢をすることで、自分の価値を下げないというのが、男性から好感を持ってもらうためにも大事なことかもしれませんね。

下品な言動

・「下品な言葉遣いと行動だと思います」(23歳/その他/その他)

・「汚い言葉遣いをしない。品格の問題だから」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

品のない言葉遣いをしたり、ガサツな行動をしたりするとどんなに美人でも台無し。モテる女性は下品に思われるような行動をしないように、普段から自分の言動に気をつけていそうですね。

人によって態度を変える

・「相手によって態度を変えない。性格が出るので」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「嫌いなタイプの男にもあからさまに嫌な態度は取らない。すべての男に態度がいい」(34歳/金融・証券/専門職)

自分にとって得になる相手にだけ媚びて、それ以外の人には冷たい態度。こういう女性は、男性からも性格が悪いと思われてしまってモテることもなさそう。嫌いなタイプの男性にもやさしくするのが、モテるためのコツなのでしょうね。

本命以外を切る

・「特定の男一本狙い。モテる人はいろんなところに目を光らせている」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「本命以外をバッサリ切ることはしない」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

いつでも可能性を残しておくのがモテるための極意。本命の男性がいてもひとりに絞らずキープの男性を残すのがモテるコツだという人も。この人がダメでも次がいるという気持ちの余裕もモテるためには大事なのでしょうか。

女をサボる

・「女をサボること。ある程度身なりを整えている」(34歳/金融・証券/営業職)

・「女性らしさを失うような行為をすること」(33歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

いつもキレイでいる努力を続けることは男性ウケを狙うためだけでなく、自分が「女」である意識を忘れないためにも必要なこと。女をサボる女性は、確かに男性にモテるわけがありませんよね。

まとめ

よくも悪くも「男性からどう見られるか」を忘れないでいることが、モテる女性でいるための大事なポイント。そのためには周囲の人に好感を持ってもらえるような言動を心掛けたり、自分がキレイになれる努力を続けることも必要なこと。そういう小さな努力の積み重ねが、男性にモテるという結果として表れるのでしょうね。モテる女性をうらやむだけでなく、その努力をまねしてみるのもいいかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月19日~10月30日
調査人数:134人(22歳~34歳の女性)

※この記事は2016年11月06日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE