お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

現代のいい男の“三種の神器”といえば?

ファナティック

少し前のいい男の“三種の神器”といえば3K(高学歴、高収入、高身長)でしたが、時代背景が変わって女性が男性に求める条件もまた変わってきたはず。そこで「現代のいい男の三種の神器」といえばなんだと思うか、働く女性に調査してみました。

イケメンの三種の神器はコレ!

・「目、声、笑顔? なんとなく、これでもう落ちますよねイケメンは」(25歳/金融・証券/営業職)

・「顔、スタイル、髪型。これがそろっていれば見た目は完璧だから」(32歳/商社・卸/その他)

この3つがそろえばイケメンが完成しそうに思えるのが上記条件ですよね。この3つがそろう男性は、女性なら誰だってドキッとしそう?

やっぱり3Kは強い!

・「高学歴・高収入・高身長。昔からいい男の特徴はこれと思うので」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「高収入、高学歴、高身長。いい車もあれば尚いい」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

時代遅れと言われても、無意識に「3Kの条件を兼ね備えた男性」をつい探してしまいますよね。ドキッとできて結婚しても安心な、無敵の条件です。

現代風「いい男の三種の神器」はこれ?

・「やさしさ・細やかな気遣い・経済力。彼として前者2つは重要だが、将来の旦那様と考えると経済力も重要だから」(27歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「笑顔、やさしい、頼りになる。これがあれば一緒に生活ができるから」(29歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

ただ今は男性に「内面のよさ」を求める女性も増えてきていますよね。現代風の「いい男の三種の神器」は内面の何かも3つの中に入ってきそう。

かしこさがあれば生き残れる

・「やさしさ、まじめさ、かしこさ。物ではないが、この三つがあったら人から好かれるいい男になれると思う」(28歳/建設・土木/技術職)

・「誠実さ、包容力、頭脳など人柄のよさだと思う」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

内面のよさに加えて、頭脳やかしこさがあればどんな局面に陥っても生き残ることができそう。やさしさ、誠実さに知性を加えれば「現代風いい男」の完成?

知識と教養さえあればいい

・「知識とユーモアと教養。やっぱり中身だと思うので」(31歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「タオル、タブレット、小説。何でも使えるタオルと調べられるタブレット、最新機種を持ちつつ本を持ってると好印象」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

また社会でより長く生き残れる男性を選ぶには、知識と教養がとにかく大事という女性も。頭脳派な男性なら出世も確実で将来も安泰です。

身の回りのアイテムで表現するなら、これ

・「車・マンション・スーツ。カッコよくできる男性は、いいものや質のいいものを手にしていそうだから」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「外車、ブランドスーツ、マフラー。外車で彼女をエスコートし、オシャレなブランドスーツを颯爽と着こなし、彼女が寒がったときにマフラーをさっと巻いてあげられたから素敵だから」(29歳/ソフトウェア/技術職)

男性の持ち物でいい男かどうかを見わけるには、この3つを見ればわかる? 車にスーツはお金まわりのよさがわかり、プラス何を持っているかでその人の性格もわかりそう。

まとめ

収入は「いい男の条件」であることは変わらないものの、学歴や身長はさほど問わない女性も増えてきていますよね。では女性に何が変わりに注目されているかというと、上記のような条件なのだそう。現代の「いい男」はこの3つを見ればすぐわかる?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月6日~2016年10月17日
調査人数:101人(22~34歳の女性)

※この記事は2016年11月05日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE