お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

夫が結婚して家庭のことで一番気疲れすること・6選

ファナティック

結婚はパートナーがいることの安心感があるものの、独身の頃のような自由や気楽さがなくなってしまう場合もあります。男性は結婚後、どのようなことで気疲れしているのでしょうか。もっとも気疲れすると感じていることを、働く男性に聞いてみました。

ひとりになれる時間がない

・「ひとりになりたいときでも、奥さんと顔を合わせなければならないこと」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

・「自分の自由な時間がなくなったことがつらい」(37歳/医療・福祉/専門職)

結婚した当初は、一緒に暮らす相手がいることに幸せを感じていたのに、だんだんとひとりの時間が取れないことに疲れてしまうことも。ほどよい距離感を保つことも大事ですね。

家族サービスに追われる休日

・「休日になるたびに『どこかに出掛けたい』とせがまれること」(23歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「必ず土日は遊びに行かないといけないこと」(31歳/自動車関連/技術職)

本音は休みの日くらい家でごろごろ寝ていたい。そんな男性にとって、休日の家族サービスは苦痛そのもの。ゆっくりと心と体を休める暇もないようです。

妻の機嫌取り

・「家事に追われる妻の愚痴に付き合うとき」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

・「機嫌が悪いときに、なだめないといけないことでしょうか」(36歳/学校・教育関連/事務系専門職)

本当は愚痴を聞きたくなくても、妻が不機嫌になることを考えると「うんうん」と聞いていたほうが得策かも。シャットアウトできないことがストレスになるのかもしれませんね。

結局は他人

・「相手の家との付き合い。いつになっても気をつかうし、緊張するから」(33歳/小売店/事務系専門職)

・「一緒に住んでいても、家族とはちがい、すべてにおいて気をつかう」(40歳以上/小売店/販売職・サービス系)

愛する女性と結婚したものの、やはりそれは他人との生活。なかなか心安らぐ家庭を築けず、困っている男性も。特に妻の家や親戚との付き合いは、できれば避けたいと思っているようです。

頭を悩ますお金の問題

・「財政面。将来の貯蓄など考えると疲れるから」(38歳/金融・証券/営業職)

・「お金の問題。貯金できるのか不安なので」(28歳/その他/その他)

「今日が楽しければそれでいい」では済まされない結婚生活。将来に向けて堅実な貯蓄をすることが望まれますが、お金のことを考えると幸せな老後が送れるのか不安になる人もいるようです。

子どもは2人の宝! だったはずが……

・「今は子どもの夜泣きだと思います」(33歳/団体・公益法人・官公庁/営業職)

・「子どもが成長してきたが、毎日『キャーキャー』うるさい」(39歳/機械・精密機器/その他)

誕生した瞬間に味わった感動はどこへやら。大人とちがって場の空気が読めない子どもの声に、落ち着いた時間を邪魔されて気持ちが休まらない毎日を送っているようです。

まとめ

夫が家庭のことで一番気疲れすることについて、本音が寄せられました。帰る家庭がある幸せと、家族がいることの不自由さは表裏一体。すべてが自分の思い通りになるとは思わずに、バランスを取りながら生活していくことが大事なのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月26日~10月17日
調査人数:106人(22歳~39歳の男性)

※この記事は2016年11月04日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE