お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男子に色気を感じさせるプチ小細工6つ

ファナティック

オフィスの女性女性であるからといって、何の努力もなしに色気たっぷりの魅力的な人になれるわけではありませんよね。普段から自分磨きをすることで、結果が伴ってくるのではないでしょうか。女性が色気をだすために意識していることや、心がけていることを教えてもらいました。

スキンケア

・「肌をキレイにしている」(30歳/電機/販売職・サービス系)

・「肌はスベスベ、カラダはモチモチに。ほのかにいい香りがするようにしている」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

いくら色気があっても、肌が汚ければ、それだけですべて台無しになってしまうもの。キレイな肌のおかげで、ますます色気にも磨きがかかるのではないでしょうか。

谷間を強調する

・「谷間を自然と出す」(30歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「胸の谷間を強調した服を着る」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

男性に対して色気を見せたいと思ったときは、手っ取り早いのが胸の谷間を強調することかもしれません。ついチラ見してしまう男性も多いのでは。

振る舞いに気を付ける

・「動作を丁寧にゆっくり行う」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「できるだけ女性らしいふるまいをする」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

普段からなるべく女性らしく振る舞うよう、所作には気をつけたいものですよね。立ち居振る舞いが女性らしいと、それだけで色気のあるように見えるのでは。

メイクは上品に

・「メイクを落ち着いた感じにすべく、研究したりしてみる」(33歳/不動産/専門職

・「ゆっくり落ち着いて話すようにしたり、メイクも上品に見えるようにしている」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

メイクのやり方一つで、かわいらしくも大人っぽくも表現することができるもの。色気のある顔を演出したいなら、なるべく品の良いメイクを目指したほうが良いかもしれませんね。

香水をつける

・「香水をいつも欠かさずつけている」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「いつもいい香りをまとうようにしている、髪の毛につやが出るように手入れを心がけている」(25歳/その他/専門職)

女性からいい香りが漂ってくると、ついフラフラと追いかけたくなってしまう男性も多そうですよね。ニオイからも色気を演出することはできますものね。

露出が高い服を着る

・「ときどき露出の多い服を着る」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「少し多めに肌が見えるファッションをするようにしています」(23歳/その他/その他)

男性の気持ちをつかむには、色気のあるファッションがおススメかもしれません。いつもより露出を多くするだけで、色気が感じられるのでは。

まとめ

女性目線から見た色気と、男性から見た色気は決して同じではありませんよね。男性から注目を浴びたいと思うなら、やはり男性から色気があると思われることが大切かもしれません。色気がなさすぎると、女性としても見てもらえないこともありますものね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数103件(22歳~36歳の働く女性)

※この記事は2016年11月02日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE