お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

「邦画」or「洋画」女子がよく観るのはどっち?

ファナティック

ポップコーンどのような映画が好きかは多くのシーンで議論されるところですが、気が付くと自分は邦画(洋画)ばかり見ている、という人も多いのではないでしょうか。働く女性はどちらの映画を好んで観ているのか、アンケートを採ってみました。

Q.邦画と洋画。どちらかといえば、どちらの映画が好きですか?

邦画……45.8%
洋画……54.2%

洋画のほうが好きな女性が半数を超える結果となりました。それぞれの理由と、特に好きな映画作品を聞いてみました。

【「邦画」派の意見】

■言語が違うから

・「日本語のほうが内容が分かるから。好きな作品は東京フレンズです」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「字幕とか吹き替えとかを考えなくていいので」(29歳/機械・精密機器/技術職)

当然ですが洋画を見る場合は、字幕か吹き替えを選ぶことになります。その点、邦画であればその俳優が発するセリフそのままに内容を理解でき、ストレスを感じずに楽しめますね。

■日本人の感性だから

・「洋画はちょっと日本人の自分にとっては非現実感が強いから」(33歳/その他/事務系専門職)

・「邦画のほうが日本人に向けた作品が多いので、感情移入しやすい。自分に置き換えて考えることができるし、仕草や言葉などマネできたりする。また、出てくるインテリアやファッションなどマネできる事柄が多い」(31歳/情報・IT/営業職)

どんなにグローバル化が進んでも、日本と外国の感性にはれっきとした違いがあるもの。日本の文化に根差した邦画のほうが、受け入れやすいという意見も多いようです。

■顔と名前が覚えられない

・「横文字の名前が覚えられないから」(27歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「洋画はストーリーが何が何だかよく分からない。名前と顔も一致しない」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

外国人の顔はみんな同じに見えてしまうという人はいませんか? 加えて似たような英語表記の名前とくれば、覚えるのも一苦労。結果的にストーリーがつかめなくなってしまうこともあるようです。

【「洋画」派の意見】

■スケールの大きさは洋画ならでは

・「迫力があって楽しいと思うから。ダイ・ハードとかはドキドキハラハラして迫力もあるし好き」(32歳/不動産/専門職)

・「大掛かりなCGやアクションシーンは迫力があって、大スクリーンで観るには邦画よりも観る甲斐がある」(30歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

洋画の魅力はなんといってもスケールの大きさ。大迫力で繰り広げられる世界観に、思わず見入ってしまうという人も多いでしょう。

■カラッとしたノリの良さ

・「英語が好きだし、ノリも好き。センター・オブ・ジ・アースのアメリカンジョークは本当に好み」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「洋画はジメジメしてないから。パイレーツ・オブ・カリビアンのシリーズ。毎回見ているから」(25歳/医療・福祉/専門職)

洋画ならではテンポの良さが好きという人も。終わり方もすっきりしていて、見た後に爽快感を味わうことができます。洋画を見ればストレス発散にもなりそうですね。

■顔が分からないのが逆にいい

・「俳優に引きずられることなく見られるからです」(27歳/その他/その他)

・「邦楽だと嫌いな俳優や話のイメージと違う俳優が出てると気になるから」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

洋画にはあまりくわしく知らない俳優や女優もたくさん出ています。自前知識がないからこそ、映画のストーリーに集中できて楽しめるという側面もあるようです。

■まとめ

私は邦画(洋画)派!と思っていても、時には思わぬ名作に出会い、好みが変わることもあります。先入観を持たずにさまざまな作品を観てみることが、映画をより楽しむ秘訣かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数133件(22歳~34歳の働く女性)

 

 

 

お役立ち情報[PR]