お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 人間関係

なぬっ、許さねーよ! 女友達に裏切られたと感じた瞬間6つ

ファナティック

悲しいことではありますが、信じていた女友達に裏切られることは時としてあるもの。実際に、そういった経験をしてきた女性も少なくないと思います。今回はそのリアルな体験談を女性達に語ってもらいました。

■私の陰口を……

・「同僚に自分の悪口を言っているのを知ったとき」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「陰では私のことバカにしていたことを他の友だちから聞いたとき」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

自分の前では決して悪いようには言わないのに、自分がいないところでは、平気で悪口を言っている……そんな現場に出くわしたら、さぞや大きなショックを受けるでしょうね。その人のことは、もう二度と信じられないでしょう。

■裏切りのウソ

・「彼氏欲しいとずっと言っているのに、実はいたとき」(33歳/その他/事務系専門職)

・「彼氏いなーいと言ってたのに、実は3年いたってこと」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

どういうわけか、彼氏がいることを隠したがる人も世の中にはいます。「一緒に頑張ろうね!!」と言っていた友達が、実は自分と同じ立場ではなかったら裏切られた気持ちにもなりますよね。

■私の好きな人を……

・「私が好きだと言っていた人と隠れてデートしていた(結果付き合わなかったみたいだけど……)」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「学生のときに好きな人のことを相談していて、『応援する』と言ってくれていたのに、気が付いたらその友達と私の好きな人が付き合っていたとき」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

好きな人を友達に打ち明けて、応援してもらえると思ったのに、実は……なんて展開、ドラマや漫画の中だけのものだと思っていた人もいるかもしれませんが、実は結構あるのです。悲しみよりも、怒りが湧き上がってきそうですね。

■結婚に関するウソ

・「結婚式に出た関係の友達が、いつの間にか離婚してて、しかも別の人との子どもができて再婚したことを事後報告で知ったとき」(29歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「数カ月会わないうちに、お見合いをして婚約したこと」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

結婚も出産も離婚も、人生の大きな分岐点です。その大きな出来事を、親しいはずの友達に告げないのは、裏切り行為になってしまうでしょうね……。本当の友達なら、きちんと報告するはず。

■彼氏ができた途端……

・「彼氏ができたら、連絡が取れなくなった。相手がいなくなったら、連絡して来て、自分に相手ができたら、連絡が再び途絶える」(33歳/学校・教育関連/技術職)

・「一緒にクリスマスを過ごす予定が、彼氏ができたのでと断られたとき」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

それまでは親しい友達としてよく遊んでいたのに、彼氏ができた途端に、態度が一変して、一切連絡が取れなくなるなんて人も……。別れた途端にまた連絡がくるようになっても、しらけてしまいますよね。

■嫉妬

・「結婚を喜んでくれず、嫉妬に狂ったとき。もう無理だと思った」(33歳/不動産/事務系専門職)

親しい友人なら、その人の幸せの門出を心から祝福するものでしょう。そう思っていたのに、祝福されるどころか、幸せを嫉妬されてしまったら、友人関係もそこまでかもしれません。

■まとめ

自分では親しい、信頼できる友達だと思っていたとしても、残念ながら、相手が同じように思ってくれているとは限りません。人生の節目、ふとした瞬間に、本当の友人かどうかが分かるもの。「この人は違うかも……」と少しでも感じる部分があれば、付き合いを見直してみる覚悟も必要かもしれませんね。自分自身も、友達を裏切ることがないよう注意したいものです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月6日~10月12日
調査人数:114人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]