お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

お前に興味ねぇんだよ!! LINEの交換を「きっぱり断る」方法5つ

フォルサ

家族、友人、恋人問わず、連絡方法はスマホのLINEが定番になりました。それもあってか、メールアドレスよりもLINEのほうが気軽に交換できそうです。でも、タイプではない異性から教えてといわれたら、どうやって断ればいいのでしょうか? 働く男女に聞いてみました。

■男性の意見

●LINEは使ってない

・「あの、私の携帯電話LINEができない機種だからと言って断る」(22歳/その他/その他)

・「LINEしてないんだよねと言う」(38歳/情報・IT/技術職)

・「会社用の携帯だから教えられないんだよね」(37歳/情報・IT/営業職)

使っていないからとウソをつく男性が多いようです。そう言われてしまえば何も言えませんよね。興味のない女性に対しては、きっぱり断る男性が多いようです。

●とりあえず教える

・「タイプではない異性にLINEを教えてと言われたら一応教えるので断り方はない」(31歳/食品・飲料/その他)

・「タイプでなくても、来る者は拒まず。よほど問題が無ければの話」(38歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「断らずとりあえず教えておく。送られてきてもスルー」(34歳/学校・教育関連/専門職)

基本断らないというスタンスの男性も多いようです。とりあえず教えるけれど、返事はしないというのは、気を持たせているようでちょっとずるい気もしますよね。

●彼女がいるから

・「既に結婚しているのでごめんなさい」(35歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「いま彼女がいて、携帯見られたらやばいんでごめんという」(32歳/その他/事務系専門職)

・「彼女がいるから教えれないと断る」(27歳/その他/その他)

このようにきっぱりと言われれば、諦めもつきますね。結婚に関しては、指輪の有無でばれてしまう可能性もありますので、注意してください。

■女性の意見

●きっぱり断る

・「連絡したいことがあったら直接教えてほしいですと伝える」(24歳/その他/その他)

・「『嫌です』とはっきり言う。教えても『気づかなかったり、反応遅いです』と先に伝える」(35歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「相手を怒らせないように断るのは至難の業だと思います。ストレートに教えられないというしかないのでは」(37歳/その他 /事務系専門職)

きっぱり「イヤ」と断るのは勇気がいると思いますが、変に気を持たせてしまうのも相手に失礼なので、ここは頑張って断るという女性の声は意外に多く聞かれました。

●LINEは使ってないと言う

・「『LINEをやっていません』と言う」(31歳/その他/クリエイティブ職)

・「基本誰にも教えない主義なんです」(39歳/情報・IT/営業職)

・「『LINEはやってないし、興味が無いから』と言う」(37歳/情報・IT/クリエイティブ職)

女性はこの断り方が一番多いという結果でした。無難な断り方かもしれませんが、あとでバレたら気まずくてちょっと困るかもしれません。登録のやり方がよくわかんないととぼけるという声もありましたが、女性ならではですね。

●とりあえず教える

・「とりあえず教えるけど返事は返さない」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「特に断らず教えてあげる。でも基本うわべだけのやり取りしかしない」(37歳/その他/事務系専門職)

・「とりあえず教えてもすぐブロックする」(34歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

返事をしないことで、こちらの気持ちを察してくれるようなタイプならいいのですが、返事が無いことにキレるようなタイプだと最悪なことになりそうです。

■まとめ

男女共に聞かれたのは「LINEはやっていない」「教えるけれど返事をしない」という断り方でした。男性は基本的に断らない人が多いようです。男性は「彼女がいるから」という断り文句を使う意見がありましたが、女性は「好きな人がいるのでごめんなさい」と断る人は少ないようです。LINE交換を断る際は、ぜひ参考にしてみてください。

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数200件(22歳~39歳の働く男女)

(フォルサ/岩崎弘美)

 

お役立ち情報[PR]