お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男子が元カノとひそかに比べてること5

フォルサ

 

男性の方が引きずりやすいといわれている、昔の恋愛。今付き合っている彼女がいながらも、あらゆる場面でひそかに元カノと比較してしまうことがある男性もいるようです。今回は男性に、今カノを元カノとひそかに比べてしまうことについて聞いてみました。

外見

・「身体つきは今より元の方が優れていた」(39歳/その他/技術職)

・「スタイルが元カノの方が良かった」(38歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「全体の見た目、服装などの趣味の良さ」(25歳/その他/その他)

まず挙がったのが、身体つきが自分の好みだった、スタイルが良かったなどといった見た目について。元カノとの比較自体が良くないことですが、思っていても決して口にしないように気をつけたいところです。

性格

・「性格の良さが優れていると思う」(26歳/その他/その他)

・「気使い、いまの彼女は一緒にいて楽しいけど、あまりまわりに気が回らない」(36歳/運輸・倉庫/その他)

・「さっぱりしていたので自立していた」(36歳/食品・飲料/事務系専門職)

外見に続き、性格についてのコメントも挙がっています。具体的には、他人に優しい、さっぱりしている、自立心があるなど。特に彼女といざこざがあるたびに、このようなことが頭をよぎってしまったりするのでしょうか。

教養

・「はっきり言ってしまうと、頭が良かったのではないかと思う。回転が早くて」(37歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「勉強や一般的な知識、社会の常識などは元カノの方が優れている」(40歳以上/印刷・紙パルプ/営業職)

・「マナーなどは、優れていると思います」(30歳/小売店/事務系専門職)

頭が良かった、学業における知識があった、マナーや常識が身についていたなど、教養面に関するコメントも挙がりました。日常生活や会話の中で、?前の彼女はわかっていたのに……?と感じたりするのかもしれません。

自分への接し方

・「自分のことを大切に思ってくれる意識」(30歳/機械・精密機器/技術職)

・「いろいろと自分の悪いところを補ってくれていた」(35歳/その他/営業職)

・「文句を言わずに従順にいうことを聞いてくれる」(39歳/その他/技術職)

自分に対する接し方が元カノの方が良かった、という声も。自分を大切に思ってくれるといった愛情の深さ以外にも、欠点を補ってくれる、従順でいてくれるなど、?相性?が優れていたといえるエピソードもありました。

家事の腕

・「料理が得意なところで、味付けが実家に元カノは似ていた」(36歳/機械・精密機器/技術職)

・「手料理の旨さ、レパートリーの豊富さ」(33歳/自動車関連/技術職)

・「料理や裁縫の腕など家庭的なこと」(37歳/電機/技術職)

元カノの方が家事ができて家庭的だったというコメントも挙がっていますが、中でも多かったのは料理について。料理の腕の良さやレパートリーの豊富さ以外にも、?味付けが自分の母親に似ていた?といったエピソードもありました。

まとめ

今回のアンケートでは、料理の腕についての意見が目立ったのが特徴的でした。やはり、男性には女性に料理ができることを求める人が多いのかもしれません。その他には、自分に対する愛情の深さや相性についての意見も比較的多い傾向がありました。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月7日~10月8日
調査人数:196人(22歳~34歳の男性)
※画像はイメージです

(フォルサ/池亀日名子)

フォルサ

ライティング、編集、DTPまで手がける制作グループです。
“フォルサ”はポルトガル語です。「がんばれ!」と応援する言葉ですが、サポートするという意味もあります。女性の為になる情報を間口を広く扱っていきます。

この著者の記事一覧 

SHARE