お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

マジ引くわっ! ダサくてガッカリした男性のバッグ6選

ファナティック

ファッションというのは洋服だけでなく、持ち物や靴なども含めたすべてで判断されるもの。どんなにいい服を着ていても持っているバッグがダサいとガッカリしてしまいますよね。今回は、女性たちが出会った「ダサくてガッカリした男性のバッグ」について聞いてみました。

<ダサくてガッカリした男性のバッグ>

■オジサンっぽい

・「昔のオジサンが持ってたセカンドバッグ」(27歳/その他/その他)

・「ウエストポーチ。すごいオジサンっぽくて嫌だった」(29歳/ソフトウェア/技術職)

実用的かもしれないけれどオジサンっぽく見えてしまうセカンドバッグやウエストポーチ。ある程度の年齢になれば似合うのかもしれませんが、若い男性が持っていたらなぜそのチョイスをしたのか聞きたくなりそうです。

■大きめトート

・「大きなトートバッグ。男性は荷物が少ないと思っていて、そんな大きいバッグにどんなものが入ってるのか気になった」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「トートバッグ。男のくせに荷物が多いのは嫌なので」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

女性なら特に違和感がない大きめのトートバッグも、男性が持っていると途端にダサいバッグに。大荷物を持ち歩いている男性というだけでかっこ悪いと思う女性もいるようですね。

■TPOに合わない

・「学生が持つようなブランドのバックを社会人でも使っている。年齢を考えてかばんを選んでほしいと思ったから」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「真っ赤なスポーツバッグ。ノーブランドで、スポーツするんじゃないのに」(27歳/自動車関連/営業職)

会社に行くときやデートのときなど、TPOに合わせてバッグも変えるのがオシャレですよね。通勤に学生時代のバッグを使っていたり、スポーツバッグを使っていたりというのは、センスが感じられません。

■子どもっぽい

・「小学生が持ってるようなリュックサック。カラフルなプリント柄でまさに子どもみたいだった」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「マジックテープで口を閉じるタイプのバッグ。中高生みたい」(32歳/自動車関連/技術職)

年齢にあった洋服を着るのもオシャレのひとつですが、バッグも同じ。ナイロンリュックやマジックテープが使われたバッグというのは、どうしても子どもっぽく思えて社会人にはふさわしくないと思う女性も多いようです。

■ボロボロ

・「柄が迷彩で、素材がボロボロになっていたとき。もっと無難なバッグはないのかと思えてきたので」(30歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「生地がボロボロになってほつれているようなものを使い続けている」(31歳/その他/その他)

大切に使っているのかもしれないけれど、ボロボロのバッグというのは見た目にも清潔感が感じられないもの。いいものを長く使うのではなく、単に古びたものを使い続けているというのはオシャレとは言えませんよね。

■スーツに合わないバッグ

・「ダサいリュックサック。スーツにリュックサックはそもそもNG」(27歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「スーツに合わないバッグやよれよれのバッグ。少し考えればわかるのに……って思ってしまう」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

一時期、流行ったこともあるスーツにリュックというファッション。でも、正直なところスーツ姿にはもっと相応しいバッグがあると思っている女性もいそう。いくら高いスーツを着ていてもバッグで台無しという男性も多いかもしれませんね。

<まとめ>

出かける前に全身をチェックするという人も少なくないと思いますが、靴やバッグなどを持った状態で最終チェックをすることは、チグハグなオシャレをしないためにも大事なこと。洋服だけオシャレしていてもバッグを持った瞬間に、それが一気にダサくなるということはありえますよね。男性のダサいバッグと同様、女性もバッグにまで気を使わないと「バッグが残念」とまわりの人から思われることもありそうです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月29日~2016年10月06日
調査人数:109人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]