お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

ウゲッ、どっか行け!! 街で見かけたバカップルの言動4つ!

ファナティック

幸せそうに笑顔で街を歩くカップルは周囲から見てもほほえましいものですが、中には公共の面前であることを忘れているかのような行動で周囲を不快にするカップルもいます。働く男性に「これはしたくない」と感じるカップルの言動を、街で見かけた経験に基づいて聞いてみました。

■隙あらばイチャつく

・「手をつなぐ以上のイチャつき。腰に手をまわしたり、人前でキスしたりすること。さすがに公共の面前なので、家でやりなさいって思う」(36歳/学校・教育関連/専門職)
・「交差点での信号待ちの最中にイチャイチャする。はたから見ていて、みっともないと思うから」(33歳/小売店/事務系専門職)

誰がどう考えても忙しそうではない2人。今ここでイチャつかなくても後でたっぷり時間あるでしょ、と言いたくなってしまいますね。何かの待ち時間なら百歩譲っても、人の流れを止めるイチャつきは迷惑以外の何物でもありません。

■堂々たるペアルック

・「ペアルック。恥ずかしいし、見ていて痛い感じがするので、嫌だから」(33歳/電機/技術職)
・「ペアルック。若い人たちでは大丈夫かもしれないが恥ずかしい」(35歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

「再ブームか!?」と言われたペアルックも、男性からの評判はあまりよくない様子。あえて周囲に仲良しぶりをアピールする感じが受け付けないのかもしれませんね。どうしてもペアにしたい場合はポイントで同じものを身につける程度にした方がいいのかも。

■2人の世界へワープ

・「公衆の面前で、ダーリン、ハニーなどと呼び合う。どこの国の人間だろうと思ってしまうし、周りで聞いてるだけで恥ずかしくなるから」(36歳/情報・IT/技術職)
・「他人の迷惑をかえりみず、自分らで盛り上がる。せめて常識はわきまえてほしい」(29歳/情報・IT/技術職)

大人には大人の常識というものがあります。他人の目を気にせずに自分の世界に入るのは子どもにだけ許される行為です。2人でいるときならどんな呼び方でどんな会話をしようと自由ですが、その世界を公衆の場にまで持ち出すのは控えた方が良さそうですね。

■他人を不快にする痴話ゲンカ

・「公共の場で、彼女が嫌だと嫌がってるのに強引にいいじゃんと誘おうとしてる彼氏。誰が見てるかわからない公共の場で、彼女が嫌がることをするのは、彼女以外の多くの人にも同時に嫌な気分になると思うので、彼女ともめたときは、2人で話し合える2人っきりの場所ですべきだと感じる」(25歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「人前でケンカ。痴話ゲンカはみっともないと思うから」(38歳/情報・IT/クリエイティブ職)

周囲を不快にするのは何もラブラブすぎるカップルだけではありません。もしかしたら人前でのケンカの方が不快度は高いかも。たとえデート中にイライラしても、なるべく言い合いにならないよう気を付けたいものですね。

■まとめ

どんなに仲が良くても、2人の間におもしろくないことがあっても、一歩外に出れば人の目にさらされることになります。「あんなカップルはちょっと……」と引かれるよりも「あんなカップルになりたいな」と思ってもらえるカップルを目指したいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数100件(22~38歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]