お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

あと10秒だけガマン……。女心をなえさせる、悪夢のようなキス6選!「よだれまみれ」

ファナティック

恋する2人の気持ちを盛り上げてくれる「キス」ですが、一歩間違えると、女性の心をゲンナリさせてしまうことも。キスに問題があると、それまで盛り上がっていた感情も一瞬で冷めてしまいますよね。では、女性たちの気持ちをなえさせてしまうキスとは、いったいどんなものなのでしょうか。その特徴をまとめて6つ紹介します。

■口臭

・「相手の口臭がひどかったから、理想と現実のギャップが受け入れられなかった」(28歳/建設・土木/事務系専門職)
・「タバコくさかったのでとてもいやでした」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

キスにまつわるトラブルと言えば、やっぱりコレ。キスの最中は普段よりも接近するための、最大級の注意が必要です。またタバコのニオイは、つい無意識になりやすいもの。におっていることをさりげなく指摘して、ケアしてもらうのがオススメです。

■清潔感なし

・「あまりにも汚らしい唇だったので引いた」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

どれだけ好きな相手でも、不潔なのは勘弁です。女性同様、男性の唇だってキスの前によーくチェックされているもの。「この不潔な唇が、これから自分にくっつく!」と思うと、叫びだしたくなる方も多いのではないでしょうか。

■痛いです!

・「彼のヒゲが濃すぎて、私の顔に当たって痛かったのが耐えられなかった……」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

女性にはないヒゲが、2人の心の壁となってしまうケースもあるようですね。「チクチクするのが嫌いじゃない」という女性もいますが、まだまだ少数派。女性の肌を傷つけないためにも、きちんとケアしていただきたいものです!

■気持ちの問題

・「もう好きじゃない人だったから、気持ちが冷めてた」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「もう別れようと思っていた人とのキスだったため、感情が入らなかった」(27歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)
・「彼に何度言っても直してくれないことがあり、それにイライラしてしまいキスもしたくなくなってしまった」(27歳/医療・福祉/専門職)

女性のキスには、「気持ち」も大きく作用するのでしょう。「もう好きじゃない」と思えば、キスはかなりハードルの高い行為です。「あ、この人とキスしたくない」と思ったら、別れのタイミングを考え始める時期なのかもしれません。

■キスが苦手です

・「基本的にキスをすることが好きじゃない。無理やりだったらなおさら」(33歳/医薬品・化粧品/その他)

冷静に考えると、キスは不衛生な行為です。それでも「好きだからしたい」という女性の気持ち、彼氏にはきちんと理解していただきたいものですね。

■テクニック不足!?

・「すごく下手くそなキスで、よだれまみれにされた。激しくしてるつもりなのか、とても気持ち悪かった」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)
・「下手なくせに得意げになってる相手の顔を見たから」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

キスが下手でも許されるのは、10代まで!? 20代後半~30代にもなってコレだと……正直先が思いやられます! 「キスの相性が合わない」という点、交際を考え直す、立派な要因になるのかもしれませんよ。

■まとめ

気持ちがなえるキスは、ただただ残念なもの。またネガティブな印象は、ずっと先まで残りがちですよね。キスで「なんだかなぁ」と思ったら、恥ずかしがらずに気持ちを彼に打ち明けるのがオススメ。2人仲良く、「より気持ちが高まるキス」を追求できると良いですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数122件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]