お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

まだ若いのに……。オンナの「老け」ポイント4つ

ファナティック

できることなら、実年齢よりも若く見られたいと思うもの。では、そもそも見た目で「老けている」と周囲が判断するポイントは一体どこなのでしょうか? そこで、女性のみなさんに「老けて見えるポイント」について聞いてみました。

■1.首のシワ

・「首のシワで老けを感じる」(32歳/自動車関連/技術職)

・「顔のお手入れはできても、首はおろそかになってる人が多い」(24歳/生保・損保/事務系専門職)

顔のスキンケアはしっかりしていても、ついないがしろにしてしまいがちなのが首まわりです。首にはごまかしにくいシワやたるみができやすく、年齢がよくあらわれるとも言われています。服でもなかなか隠せない場所ですから、しっかりケアしておきたいですね。

■2.手、手首

・「顔やスタイルが素敵でも、手のシワやハリはごまかせない」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「手と首。どちらも、アラサー以上になると筋っぽくなるというか、皮膚が薄くなるから。顔が若々しく見える人でも、無意識に老け認定してる女性の共通点を考えたことがあって、首と手という自分なりの結論に至った」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

首と並んで年齢があらわれやすいのが手や手首です。年齢を重ねて痩せてきてしまったり、肌のハリがなくなってしまったり……血管が若いころより浮き出てくることもあります。痩せてしまうのは仕方ない部分もありますが、せめて肌のハリはキープできるようにしたいものです。

■3.ほうれい線

・「この間、同い年の同僚のほうれい線に気づいてドキッとした。慌てて自分の顔を見たらまだなかったが、そろそろそういう年齢なのかと思ってから、ほかの人が気になる」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「ちりめんじわとかほうれい線が顕著に年齢を物語る」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

老けて見える一番の要因といっても過言ではないほうれい線。顔のシワでもこのほうれい線があるかないかでかなり差は出てくるもの。マッサージやストレッチを欠かさずに!

■4.髪

・「髪の毛にツヤがない。髪の毛の手入れを怠っていると老けている印象が強い」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「白髪交じりの疲れを感じる髪の毛や、いつから染めてないんだと思うヘアカラー、ボサボサの髪」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

忙しいとついついお手入れがおろそかになってしまいがちな髪の毛。シャンプーやコンディショナーも適当につけてはいませんか? しっかりケアしないと髪も疲れて老けていってしまいます。早いうちに正しいケアの仕方を覚えておきたいですね。

■まとめ

女性の年齢があらわれやすいカラダのパーツはさまざまです。そのすべてをカバーするのはむずかしいように感じますが、若々しい自分を保つよう努力していればどのパーツも自然とイキイキしてくるもの。また、見た目の変化は多少なりとも避けられないものですが、内面での「若々しさ」によってカバーしていくことは十分可能。毎日元気に過ごしている人は、それだけで若々しく感じられるものですので、ぜひ前向きな気持ちで生活していきたいですね。イキイキしている人は、周囲から見ても素敵だと思ってもらえるはず!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月2日~9月6日
調査人数:115人(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]