お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 節約・貯金

ヤバイ! お金ない! 金欠のピンチを乗り越えるコツ

ファナティック

お金がないと困ることだらけですよね。衣食住全般の危機です。でも、ピンチが来るときは来るのですよね! もしお金がなくて困ったとき、あなたならどうしますか? 社会人男女のみなさんに聞きました。

<女性がお金がなくて困ったときにすること>

■食費を節約!

・「食費をおさえる。特にスイーツ関係」(36歳女性/建設・土木/秘書・アシスタント職)

・「食費を削る。どうしてもムダなおやつなどを買ってしまったりしているので、まず、そういったムダから削っていく」(32歳女性/小売店/販売職・サービス系)

普段何気なく買ってしまうお菓子も、食費に換算するとおにぎり代などになります。控えればその分ほかの食費にまわせますね。

■親に相談!

・「親にたのむ。消費者金融などのローンはなるべく作りたくないから」(27歳女性/生保・損保/事務系専門職)

・「親に相談して、少し借り、次の給料などで返す」(29歳女性/医療・福祉/専門職)

どうしても困ったとき、返すあてがあるのなら親に相談してみてもいいでしょう。できればお礼もしたいところです。

■身近にあるものを売る!

・「身近にある売れそうな本や貴金属を売る。それほど困ったことはないが、引っ越しのときに不用品を処分して結構な金額になったから」(37歳女性/建設・土木/秘書・アシスタント職)

・「身近にあるものを売ってお金にする」(31歳女性/その他/事務系専門職)

フリーマーケットやオークションなど、不要なものを自分で売れる場所はたくさんありますね。

<男性がお金がなくて困ったときにすること>

■給料日まで節約!

・「給料日まで倹約生活。ストックのあるものの買い足しは控えて、緊急ならクレジットカードで引き落とし時期をずらす」(31歳男性/学校・教育関連/専門職)

・「給料日まで我慢。我慢できるようなものが大半だから」(33歳男性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

給料日が来れば助かる見込みがある場合は、それまでをしのいでしまえば何とかなる様子。我慢です!

■日雇いの仕事!

・「日雇いの仕事を探してなんとかしのぐ」(32歳男性/自動車関連/その他)

・「日雇いの仕事をして、日銭を稼ぐ」(39歳男性/その他/その他)

探してみれば日雇いの仕事も多いですよね。副業で引っかからないように気をつけましょう。

■貯金を取り崩す!

・「貯金を取り崩す。クレジットカードを活用する」(36歳男性/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「貯金を取り崩してなんとか切り抜ける」(39歳男性/機械・精密機器/技術職)

できれば手をつけたくない貯金ですが、背に腹は代えられないということですよね。また貯めましょう!

■まとめ

堅実なものから苦肉の策まで、いろいろ集まりましたね。女性は素直に親に頼るのに対し、男性はなんとかして自分の力で切り抜けようとするようです。もしお金に困ることはないにしても、日ごろからこういった節約法を意識していれば貯金が増えるかもしれません。将来のために、お金に困ったときのことを考えてみませんか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数400件(22歳~39歳の働く男女)

お役立ち情報[PR]