お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

焦ると危険!? 幸せになれない結婚相手の選び方5つ

ファナティック

まわりの友人が結婚ラッシュを迎えると、なんとなく自分まで気持ちが焦ってしまうものですよね。でも、ひとりだけ取り残されたくないと思ったからといって、テキトーに結婚を決めるのは避けたいもの。今回は女性のみなさんに、幸せになれない結婚相手の選び方についてアドバイスをもらいました。

<幸せになれない結婚相手の選び方>

■顔だけで選ぶ

・「顔だけで選んだ場合。中身がともなってないと、幸せに暮らせないから」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「顔で選ぶ人。結婚は、経済力や生活力がかかわってくるので、顔で相手を選ぶと後悔しそう」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「顔で選ぶ。将来劣化していくから、年を経るごとにガッカリする」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

相手を顔だけで選んでしまうと、結婚した後に苦労することも多いかもしれませんね。経済面やその人の性格なども考慮していないと、最初はよくても、ゆくゆくは苦労しそうです。

■お金で選ぶ

・「お金だけで決める。友達がそうだったから」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「経済力だけ見て相手を選ぶこと」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「お金のことだけ考えた相手」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

結婚する上で相手の経済力があるかどうかは大事なポイント。しかし、それだけで決めてしまうと、夫婦に危機が訪れたときに、一緒に乗り越えるのは難しいかもしれません。

■職業で選ぶ

・「男性の職業や年収で決めた相手。こんなはずではなかったと思うことがあるかもしれないから」(32歳/金融・証券/専門職)

・「職業などのスペックで選ぶこと。相手の本質がわかっていないから」(27歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「収入やキャリア。もしそれがなくなったらすぐに関係が崩れそう」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

結婚相手がどんな仕事をしているかも、大事な条件のひとつですよね。しかし、万が一、夫がリストラなどにあってしまった場合、結婚生活まで破綻してしまいそうですよね。

■スペックで選ぶ

・「男性のスペックを重視しすぎる。そのスペックがなくなったときにすぐ別れそうだから」(23歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「スペックのみで選ぶと失敗しそう」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「スペックのみで判断する」(29歳/機械・精密機器/技術職)

結婚する上において、相手の男性がどんなスペックなのかは重視する人も多いのでは。とはいえ、本人の人柄なども考慮しないと、何かあったときにすぐに離婚ということにもなりかねません。

■その場のノリで選ぶ

・「今が楽しければいいと選ぶ。環境や年齢が変わったときに対応できないから」(28歳/建設・土木/建設・土木)

・「ノリだけで選ぶ」(29歳/情報・IT/事務系専門職)

その場は楽しくていい人だと思っても、のちのち問題が出てくる可能性があります。問題点もきちんと吟味した上で結婚に臨みたいですね。

<まとめ>

幸せになりたいと思い、相手を吟味して結婚を決めたつもりでも、気がつけば条件だけに縛られて決めていた、なんてこともありそうですよね。もちろん結婚する上で、条件は大事なこと。ただそれにとらわれすぎてしまうと、もしものときに2人で乗り越えていくことが難しくなるかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月30日~2016年9月7日
調査人数:100人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]