お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 人間関係

イイコトいっぱい♪ 女性が考える「社内恋愛のメリット」4つ

ファナティック

自然な形で出会う機会も多く、一緒に過ごすことで恋愛にも発展しやすい社内の人。社内恋愛というと表立って禁止されているわけでなくても、なんとなく隠さないといけない雰囲気もありますが社内恋愛ならではのメリットも少なくはないですよね。今回は、女性が思う社内恋愛のメリットについて聞いてみました。

■相手の仕事ぶりが見られる

・「相手の収入や仕事ができるかどうかがわかる。職場が違うとなかなかわからないから」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「相手の仕事に対するスタンスや姿勢を見ることができる」(33歳/不動産/事務系専門職)

・「相手の仕事をしている姿を見ることができる。普通はそういう場面を見ることはできないので、相手も頑張っていると、自分の仕事のモチベーションも上がり、いいと思う」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

普通なら彼氏が仕事をしているところを見ることはできませんが、社内恋愛なら彼の仕事ぶりが自然に目に入ってきますよね。仕事がデキるのか、周囲の人から信頼されているのかなどをしっかり観察できるのも社内恋愛のメリット。彼の将来性も確認できそうですね。

■一緒にいられる時間が多い

・「長い時間一緒にいて、多くの感情や時間を共有することができる」(23歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「毎日会うことができること。行き帰りなど一緒に行動できること」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「週の大半を一緒にいることができる。会う日程を決めなくても仕事に行けば相手がそこにいる」(31歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

会社が別々だとデートでしか会えませんが、社内恋愛なら会社に行くだけで彼と過ごせる時間を確保できますよね。もちろん、仕事とプライベートはきちんと分けるにしても、仕事の合間に彼の顔が見られて行き帰りの時間も一緒に過ごせるというのは大きなメリットと言えそうです。

■共感しあえる

・「忙しいとか暇とか、スケジュールがわかりやすい。共通の話題が多い」(27歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「同業者であったら同じ仕事の悩みを理解してもらえるし、人付き合いの悩みも理解してもらえるからいい」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「同じような環境にいるので、価値観や金銭感覚が似ていることが良い」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

同じ職場にいて仕事に対しても共通の話題があれば、ツラいことや楽しいことも共感しあえてグッと距離が縮まりそう。悩みを相談するにしても状況がわかってもらいやすいだけに、ただの愚痴とスルーされることもなく親身になってもらえるのが社内恋愛のいいところですね。

■仕事に意欲がわく

・「仕事でつらいことがあっても頑張ろうと思える。彼が事情をよく知っているので、慰めてもらえる」(31歳/その他/その他)

・「仕事中も好きな人が見られるので仕事もやる気が起きそう」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「ふとしたときに顔が見られて幸せな気分になる」(33歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

嫌だなと思いながら仕事をしていても、ふとした瞬間に彼の顔が見えるとそれだけでモチベーションも上がりそう。彼に見られていると思ったら仕事でミスをしてしかられるわけにもいかないし、できればデキる彼女と思ってもらいたい。社内恋愛は仕事の張り合いにもつながるようです。

■まとめ

社内恋愛のメリット、いかがでしたか? 今までに社内恋愛をしたことがある女性なら同じように感じたこともあるのではないでしょうか。デートしなくても彼に会える、彼の将来性や仕事ぶりが自然にわかるという安心感は社内恋愛でしか得られないメリット。もちろん、社内恋愛ならではの大変さもあるでしょうがお互いの仕事や付き合いにとっていい影響になることも間違いなさそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数106件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]