お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

男性が「やるじゃん、惚れ直した!」と思った彼女のエピソード・4選

ファナティック

恋人と一緒にいるうちに、相手の欠点が気になることがありますよね。そんなとき、彼氏に惚れ直してもらえれば一安心です。男性に、今までに「やるじゃん惚れ直した!」と思った彼女のエピソードを聞いてみましょう。

■手料理がおいしい!

・「豪華な夕食を作ってくれた」(28歳/その他/その他)

・「手料理が最高においしい」(26歳/農林・水産/技術職)

・「新作レシピをたくさんマスターしたこと」(23歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

毎日のことなので、料理に対する男性の評価は高そう。雑誌のレシピ集やテレビ番組で情報収集して、料理のレパートリーを増やすといいかも!

■看病してくれた!

・「病気のときに看病してくれた」(35歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「風邪で寝込んだときに、熱心に看病してくれたとき」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「病気で寝ているときに料理を作ってくれた」(33歳/学校・教育関連/専門職)

体調を崩したときは誰でも心細くなるもの。そんなときに親身になって看病してくれる彼女には、心身ともに癒やされるのではないでしょうか。

■人にやさしい!

・「電車で老人に席を譲ったとき」(38歳/金融・証券/営業職)

・「迷子で泣いている子どもの世話をしていたのを見たとき」(36歳/建設・土木/技術職)

・「知らない人に親切にできる」(31歳/金融・証券/販売職・サービス系)

もし自分には少し強気な彼女でも、ほかの人にやさしくできているところを見ると印象が変わりそう。彼氏もきちんと見ているのですね。

■家事ができる!

・「トイレの棚が壊れていたが修理していた」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「家に帰ると洗面台がピカピカに掃除されていた」(31歳/自動車関連/技術職)

・「家事をがんばっている」(29歳/医療・福祉/専門職)

料理からDIYまで、家事は多岐にわたります。いつもの掃除も、一通りこなせるだけで実は尊敬に値するものかもしれません。一度本気を見せると印象がアップしそうです!

■まとめ

そのほか、「親に紹介したときにきちんとあいさつができていたこと。親からの印象もよくて、普段はほんわかした子なのに『しっかりしてるな』と思った」(32歳/学校・教育関連/専門職)という意見も。彼氏だけではなく、身近な人へていねいに接することも彼女として評価されるポイントかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月26日~9月1日
調査人数:107人(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]