お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

これが男性の本音! 「専業主婦になりたい女性」ってどう思う?

子どものことを考えたら、家にいた方がいいのかなとは思いつつも、今の社会状況を考えると「専業主婦になりたい」なんて言えない。そんな女性は多いのかもしれません。実際のところ、働く男性は専業主婦志望の女性についてどう考えているのか、本音を直撃してみました。

■本人のためにも子どものためにも「働くこと」は大事

・「個人的には、社会環境下に身を置いておいたほうがその人のためになると思うのでもったいないと思う」(34歳/自動車関連/技術職)

・「昔妻がそうであったが、子育てに行き詰まってしまって今では正社員に戻ってしまった。子どもも早くから保育園に入れたほうがいろいろなことを早く覚える」(34歳/建設・土木/技術職)

・「収入は多いに越したことはないよ。ってか、共働きじゃないと、保育園に入れないよ」(29歳/その他/技術職)

子どもや家庭のことを考えると、家に入って家事・育児に専念すべきかと悩みますが、家庭全体の収入面や奥さんの生きがい面などを考えても「働くことは大事」なよう。これからの時代に安泰な家庭を築くには、女性も働くことが欠かせない?

■専業主婦はいざというときに大変かも……

・「辞めてもし離婚することになったら大変だから、専業主婦は辞めたほうがいい」(34歳/電機/技術職)

・「その人の気持ちだから知らないけど、そもそも今専業主婦でやっていけるほどもうかってる人はほとんどいないし、いても外で悪さしてるだろうから幸せとは限らないよ」(35歳/医療・福祉/専門職)

父親が健在なときは安泰でも、離婚や病気で男性からの収入源が絶たれてしまったときに一気に大変になるのが専業主婦。誰かに頼る生き方は不安がつきもの。いざというときは1人でも生きていけるよう、結婚しても働き口は確保しておくべきなのかも……。

■ただの甘えなら反対

・「専業主婦というか子育てに専念するなら大歓迎。ただ専業主婦というのであれば反対」(34歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「専業主婦のプロとして、家計をコントロールして夫をサポートするつもりなら大賛成。ただ単に働きたくないのが理由なら反対」(34歳/機械・精密機器/技術職)

・「自分の存在意義が『専業主婦』ならいいが、そうでないなら働くべき。要は『あなたは何をしたいの』につきる」(33歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

ただし専業主婦とは言っても、料理・掃除・洗濯・家計の維持・子育てから身につくこともたくさん。そこに専念すれば、社会で通用するスキルも身に着けられそうですよね。「だらだら家で過ごす人」でないなら、専業主婦は「働く女性」と何ら変わりないかも?

■専業主婦志望の人と結婚したい!

・「本当に子どもが好きで、何人も産んで育ててくれるなら僕はそういう人と結婚したい。子どもが好きなので」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「結婚後はどちらかは仕事はやめるべき。子育てもろくにできずに問題児を作っている友人が多数いるから」(29歳/不動産/営業職)

世の中に送り出しても恥ずかしくない、立派な子どもを育てるには、母親が専業主婦になりしっかりサポートしてあげる必要があるという男性も。子育ては精神的にも肉体的にもハードな仕事。確かに働きながらでは、限界を感じそうな一面はありますよね。

■まとめ

子どものことを考えると「母親が家にいるのが一番」とは思いますが、一概にそうとも言い切れず、専業主婦は一口に語れない難しさが……。ともあれ、いざというときには「選択肢の多さ」も重要。長い目で人生を見て、働くか家にいるかを選ぶのが大切かもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数200件(25歳~35歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]